• わんぱく大作戦
  • わんぱく大作戦
  • わんぱくクイズ

2019年01月16日(水)



 子どもたちにとってお年玉がもらえるお正月は大きな楽しみです。しかし、まとまった金額のお金を子どもが手にするので、親にとっては心配の種かも知れませんね。
 お年玉は親子で「お金」について話をする良いきっかけ。そこで今回は、子どもの金融教育に詳しい、ファイナンシャルプランナーの朝原奈津枝さんから金融教育の現状と必要性についてお話を伺いました。



2018年12月12日(水)



 今年、災害に見舞われてしまった広島。「広島は大丈夫」「自分は大丈夫」と思っていた方でも大自然の威力を身近に感じたのではないでしょうか。
 そこで今回は、家族で確認しておきたい防災のお話です。今一度、非常時の備蓄や避難場所を家族で確認しておきましょう。お話をお聞きしたのは防災士の横山ゆかりさん。ご自身の被災体験から防災に関する啓蒙活動に力を入れていらっしゃいます。




2018年11月13日(火)

~言葉で伝えるのが苦手な子どもとの関わり方について~

 高橋和美さんの息子さんには脳機能障害があります。看護師として仕事の傍ら、障害のあるお子さんを持つ家族やお子さんの支援活動も行っています。
 各種の発達障害ではコミュニケーションに影響が出ます。しかし、一般に健常児とされている子どもであっても(時には大人でも)、コミュニケーションが苦手な人は少なくありません。今回はコミュニケーションの課題を克服する考え方について、看護師でLOF教育センター広島校代表でもある高橋和美さんにお話を聞きました。



2018年10月11日(木)



 オリンピックが2020年、東京で開催されます。海外からの観光客も今後ますます増えそうな予感。同時に、観光やビジネスで多くの日本人が海外に飛び立つ時代になりました。
 そこで今回はJICA中国・新川美佐絵さんから、青年海外協力隊での経験を踏まえ、国際化する社会におけるグローバルマインドについてお聞きしました。


2018年09月12日(水)



 子どものときの給食の思い出にはどんなものがありますか。大好きなメニュー、苦手だったメニュー。当時は嫌いだったけれど、大人になって食べられるようになったものなど。
 今回はお子さんの偏食が気になっているお父さん、お母さんのために、栄養教諭の石丸美千代先生から「気になる偏食、気にしなくてよい偏食」についてお話を聞きました。


2018年08月14日(火)



 イノベーションという言葉が頻繁に聞かれるようになりました。イノベーションとは革新という意味。新しい発明が世の中に広く受け入れられたときに用いられる言葉です。
 スティーブ・ジョブスがiPhoneを発表したときを境に、携帯電話は急速にスマートフォンに置き換わっていきました。イノベーション、すなわち時代が変わるような大変革は誰しも起こせるわけではありません。それでも、イノベーション人材の育成については各方面から求めの多いテーマでもあります。
 そこで今回は、広島大学産学・地域連携センター客員准教授の川瀨真紀先生にお話をお聞きしました。



2018年07月13日(金)



 夏休みに入ると、子どもたちが家で過ごす時間は長くなりますね。夏休みをうまく活かし、子どもたちがお家の仕事、お手伝いを積極的に取り組めるよう親子でチャレンジしてみませんか。
 今回は家事の専門家であるママ楽サポート代表の西村祐紀さんに、子どものやる気を引き出しながら楽しくお手伝いをしてもらうコツをお聞きしました。



2018年06月13日(水)



 仲良しの友達と喧嘩になって子どもがションボリ。いつものこと、と思っていたのに、今回は様子が違うみたい? 子ども同士のトラブルに親はどう関わっていけば良いのでしょうか。
 今回は少年サポートセンターの統括少年育成官・三山雄美子さんにお話を聞きました。

2018年05月16日(水)



「子どもが言うことを聞かない」「相手に言いたいことを伝えるのが苦手」
 誰しもイライラしたり、腹が立ったりすることがあります。怒りの気持ちをうまく処理して円滑な人間関係を築くにはどのようにしたらよいのでしょうか。
 今回は、一般社団法人日本アンガーマネジメント協会の梶田多恵子先生に怒りのコントロールについてのお話を伺いました。



2018年04月12日(木)



 早寝早起きは小学生にとって基本的な生活習慣です。しかし、日常の忙しさにかまけて、気が付くと子どもに夜更かしをさせていた、と反省するお母さんも多いのでは。
 そこで今回は小学生の健康を見守る、己斐上小学校の養護教諭・平野美穂先生によい睡眠のために心掛けたいことをお聞きしました。

2018年03月13日(火)



進級・進学を機に、子どもにスマートフォン(スマホ)を持たせることを検討中のご家庭もあるのでは?連絡を取りやすくなる安心の一方で、犯罪やいじめなどに巻き込まれる不安も生じます。ご家庭でどのようなことを知っておく必要があるのか、気を付けるべきかについて、広島市電子メディア・インストラクターの開地義明さんに聞きました。



2018年02月14日(水)



一番下の子が幼稚園や小学校に上がるタイミングで、仕事を始めようかと考えるママも多いようです。出産などを機に、長く“社会人”から離れていたママにとっては、仕事のこと、通勤のこと、家庭のことなど、いろいろなことが不安になります。まず、何から始めればいいのか、誰に相談すればいいのか悩んでいるママをサポートする「わーくわくママサポートコーナー」相談員の坂本奈美さんにお話を聞きました。



2018年01月16日(火)



園児の頃は「カープの選手」「サンフレッチェの選手」と言っていた将来の夢も、小学生になるとまた変わってくるものです。また、社会や仕事のあり方の変化の激しい昨今、子どもたちを送り出す親にも不安がつきません。子どもが自分に合った仕事を見つけ、社会に役立てていくために、今から親としてサポートできることはあるのでしょうか? 先月に引き続き、子ども職業ナビゲーターの“クッキー先生”こと奥貴美子さんに聞きました。



2017年12月13日(水)



2つ3つ習い事をしているのが、当たり前の今時の子ども。親としては、送り迎えや経済的な負担があっても、子どもの力になるのならと応援したくなります。けれども続けているうちに、子どもから「やめたい」と持ちかけられることもあるかもしれません。そんな時、親としてどのように対応したら良いのか、子ども職業ナビゲーターの“クッキー先生”こと奥貴美子さんに聞きました。



2017年11月13日(月)

子どもがイライラしたり荒れている時、どうする?

小学校高学年くらいになると、思春期にさしかかることもあり、勉強、学校、家庭などのストレスで、子どももイライラしたり、荒れた態度を取ったりすることも。そんな時、保護者としてはどのように対応したら良いのでしょうか。広島修道大学健康科学部教授で学校心理士の西野泰代さんに聞きました。

2017年10月12日(木)



先月より「家族と子育て」をテーマに、広島大学大学院教育研究科の教授で、学校心理教育支援室 「にこにこルーム」の担当をされている栗原慎二先生に話を聞きます。今月は「兄弟」。性格が全く違う兄弟姉妹にどのように接するべきでしょうか?

2017年09月13日(水)



今月と来月は「家族と子育て」をテーマに、広島大学大学院教育研究科の教授で、学校心理教育支援室「 にこにこルーム」の担当をされている栗原慎二先生に話を聞きます。まずは「夫婦」。夫婦間で子育てに対する考え方が食い違った場合、どのように対応すれば良いのでしょうか?

2017年08月15日(火)



夏休み真っ最中、小学校高学年くらいになると、子ども同士で出掛ける機会も増えるでしょう。そんな時いくらお小遣いを持たせるか悩んだことはありませんか?他にも、子どもの友達が遊ぶ度にお金を使い、自分の子どもが影響されるのが心配という声を聞くこともあります。子どもの金銭感覚の身につけ方について、ファイナンシャルプランナーの吉本隆さんに聞きました。



2017年07月12日(水)



長い夏休み、子どもと一緒に料理を作ったり、食材探しに出掛けたり、“食”について考える時間にしませんか?自然派レストランAGRIオーナー兼シェフで、食育プロデューサー、料理研究家の黒田千晴さんに、子育て中の食の大切さについて聞きました。



2017年06月14日(水)



子どもの成長につれ、反抗的な態度をとったり、荒れたような様子を見せたり、返事をしなくなったり「そろそろ反抗期かな」と思うことも。小学校高学年くらいの子どもを持つ保護者からよく寄せられる、子どもが反抗期を迎えた時の親の心構えについて、広島文教女子大学准教授で臨床心理士の浴野(えきの)雅子さんに聞きました。



2017年05月17日(水)



新学期が始まり、子どもも新しい環境で学校生活を始めました。そんななか「友達との関係がうまくいかない」「学校に行きたくない」などと悩む様子を見せていませんか?学校生活でのトラブルに気付いた時、知っておきたいことについて、広島県教育委員会 豊かな心育成課の平野剛さんに聞きました。



2017年04月13日(木)



入学・進級シーズンを迎え、子どもの中学受験を検討すべきか悩み始めた家庭もあるかもしれません。そこで、実際に中学受験を経験した3人の保護者に、体験談を聞きました。

2017年03月14日(火)



スマホやタブレットの普及で、子どもも当たり前のように触れるインターネットの世界。しかしSNSなどを巡ってトラブルに巻き込まれるケースも増えています。子どものSNSやインターネットとの付き合いの上で気をつけるべき点を、広島県警少年対策課の今若秀孝警部補に聞きました。



2017年02月14日(火)



子どもが「学校に行きたくない」と言い出したら、無理にでも行かせるべきか、休ませた方がいいのか、親としても戸惑うところです。どのように声をかけたらよいのか、教師の経験もある臨床心理士の野中春樹さんに聞きました。



2017年01月17日(火)



子どもたちの周りには様々なストレスがあります。ストレスに強い子に育てるために、親がどう接していけばいいのか…ソーシャルワーカーの竹岡訓子さんにお話しを伺いました。



2016年12月14日(水)



子どものお年玉の行方はどうなっていますか?もうすぐお正月を迎え、子ども達はお年玉を楽しみにしているのではないでしょうか。そこで、子どもがもらうお年玉の管理について、ファイナンシャルプランナーの高橋佳良子さんにお話しを伺いました。



2016年11月18日(金)



反抗期の子どもは不安定なことも多く、コミュニケーションがとりにくいと考えている保護者の方も多いのではないでしょうか。今回はとくに反抗期の男の子とお母さんの関係を良好に保つポイントについて、東広島市立平岩小学校の校長・古山礼子先生にお伺いました。



2016年10月25日(火)



学校や公民館等で妊娠、出産、育児の過程を教える出前授業「いのちの授業」を行う、マザーリング・くらぶ代表の助産師の川口一美さんにお聞きしました。




2016年09月14日(水)



 小学校高学年にもなると、とくに女の子の友人関係は複雑に感じられることもあるでしょう…。親としてなんとなく子どもの表情や様子で、うまくいってないんだなと感じたとき、どう対応したら良いのか悩むかもしれません。そこで親業訓練インストラクターの大下政江さんに伺いました。




2016年08月02日(火)



 子どもが自分から進んで家事を手伝ってくれるというのは、多くのママの願いではないでしょうか。お手伝いが子どもの成長に役立つことはわかっていても、忙しい親が子どもに寄り添って家事を教えるのは大変です。そこで、お手伝いの習慣が身に付く子どもの育て方について、母学アカデミー学長の河村京子さんにお話しをお聞きしました。



2016年07月13日(水)



“子どもが勉強をしない”とお悩みのお父さん・お母さんは多いのではないでしょうか。何度言ってもなかなか動かず、困ってしまうことも多いですね。これから始まる夏休みに向け、子どもの学習の習慣化について「お母さんサポートの専門家」田嶋英子さんにお話しを伺いました。



2016年06月14日(火)



 下の子が生まれてから、「上の子が我慢していないかな?」「 寂しい思いをしていないかな?」と気にかけることはありませんか?また、兄弟や姉妹でケンカになったとき、どんな風に声をかけようかと迷うことはありませんか? そんな兄弟・姉妹の子どもとの関わり方について、コミュニケーション・コンサルタントの三上かおりさんにお話しを伺いました。

2016年05月18日(水)



 「子どもの集中力がない…」「勉強をはじめてもすぐに他のことに目移りしてしまう」など、お子さんの集中力に関してお悩みの声を聞くことがあります。自身の子どもの集中力が無いと、どうしても焦ってしまうものです。そう、わが子の将来が心配になるのですよね。そこで、廿日市中学校で校長を務める沼本愼二先生にお話しを伺いました。

2016年04月12日(火)



 入園、入学のシーズンを迎えました。大人に対してだけでなく、「同年齢の子どもに対しても人見知りをするわが子。こんな状態で、幼稚園、小学校と通うことができるのでしょうか」という不安をもつ親御さんも多いのでなないでしょうか。そこで、子育てコーチとしても活躍している小方昌子さんに、子どもの人見知りについてお話しを伺いました。

2016年03月16日(水)



 もうすぐ新年度がスタートします。学年が上がることで、子どもに携帯電話やスマホを持たせる家庭が増えてくる時期ではないでしょうか。便利ですが、使い方を誤ると事件やトラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。親として、携帯電話やスマホを子どもに持たせるとき、どんなことに気を付ければいいのでしょうか。そこで、FacebookやLINEなどのSNS地域活用アドバイザー・講師を行っているACS(あくす) 代表、笹川進吾さんに聞きました。


2016年02月17日(水)



質問
 小学校5年生の娘がいます。ちょうど初潮がはじまり、性について教える時期
なのかな、と思いますが、私から伝えるのが躊躇してしまいます・・・
学校で性教育指導してくれるから、大丈夫ですよね?

マザーリング・くらぶ 代表の助産師、川口一美さんに聞きました。



2016年01月14日(木)



質問:年末年始で、日ごろの食生活が乱れて「お正月太り」してしまった我が子。
   それに、好き嫌いが多くて困っています。食生活を見直すアドバイスください。

フードアナリストの平山友美さんに聞きました。


2015年12月15日(火)



 最近、子どもが口答えをしてくる、あまり会話をしてくれない・・・そう悩んでいる親御さんも多いのではないでしょうか。もしかしたら「反抗期」が始まったのかもしれません。そこで、元小学校教諭でセラピストとしても活躍している桝野恵理さんに、子どもとどう向き合ったらいいのか聞きました。

2015年11月12日(木)



質問: うちの子は、メンタルが弱くて・・・。いつも自信がなく、めそめそしているのですが、メンタルを強くするにはどうしたらいいのですか?

パーソナルコーチの加藤 佳さんに話を伺いました。


2015年10月14日(水)



 なくなることのない「イジメ問題」。イジメによる自殺も後を絶ちません。もし、あなたのお子さんがイジメの被害者、加害者だったら、親としてどのように対応したらいいのでしょうか。子どもへの暴力防止(CAP)プログラムの普及に取り組んでいるNPO法人CAP広島理事長であり、広島国際大学医療福祉学部医療福祉学科の教授、下西さや子さんに聞きました。

2015年09月16日(水)



 楽しかった夏休みも終わり、学校生活がスタートしました。いつもよりも家族と過ごすことが多かったお子さんもいらっしゃると思います。せっかくの長期休暇だったので、楽しむことももちろんなのですが、一方で、夜更かししたり、朝寝坊したり、宿題をする時間が一定しなかったりして乱れてしまった生活リズムや家庭学習の習慣を直すのに苦労しているお子さんもいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、広島市教育委員会 学校教育部 指導第一課 指導主事の奥村鯉都子さんに生活リズムの改善方法、家庭学習の習慣を元に戻すためにはどうしたらいいのか、聞きました。

2015年08月19日(水)



 「どうやって子どもと接したらいいのかわからない・・」というお父さんたちの悩みを少しでも改善するために、パパフレンド協会の代表理事、北佳弘さんに話を聞きました。

2015年07月14日(火)



子どもにお小遣いをあげる年齢は?どれぐらいあげたらいいの?など、お小遣いをあげるタイミングがわからない親御さんも多いのではないでしょうか。そこで、子ども職業ナビゲーター・奥貴美子さんに子どもの金銭教育について聞きました。

2015年06月16日(火)

子どもとの接し方~上手に褒める・叱るには~

 子育てをする上で、悩むことの一つ「褒める」「叱る」こと。良いことは褒め、悪いことは叱りたい、けれどうまくできない・・そんな悩みをもつ親御さんも多いと思います。そこで、子育てを楽しみたいママたちのためのサークル「おひさまママの会」代表のTakaさんに聞きました。

2015年05月13日(水)



質問: GW、家族旅行を楽しんできたのですが、休み明けから子どもの様子がおかしいのです。疲れているのか、やる気を失っているようなのですが・・・・

子育て支援活動を行っている「おやイスト」代表 いとうともこさんに聞きました。

2015年04月10日(金)



「うちの子ども、片づけができなくて・・・」と困っている方も多いのではないでしょうか。新年度がスタートし、片づけの習慣を身に付けるにはいい時期。まず、何を始めたらいいのか、江川佳代整理収納コンサルタントオフィス代表・江川佳代さんに聞きました。

2015年03月05日(木)



 もうすぐ春休み、子どもたちが一人で行動する時間が増え、自転車に乗る機会も増えてきます。自転車事故の発生状況と事故防止のポイントを、広島県警察本部 交通企画課 管理官の渡邉正慶さんに聞きました。
※以下の資料は、平成26年の広島県内での小・中・高生の自転車事故を分析しています


2014年11月05日(水)



 学童期は発育・発達の重要な時期。子どもの肥満に関する問題を中心に、子どもの食生活で気を付けたいことを、広島市教育委員会の健康教育課食育係、西尾佳代子さんに聞きました。

2014年07月02日(水)



質問 自由時間たっぷりの夏休み、どう過ごさせたらいい?
答えてくれたのは、放課後児童館「さくらんぼ」主宰の池尻まゆみさん

 約40日間もある夏休み。これをどう過ごしたかによって、子どもの身体、学力の成長が大きく変わるといわれています。子どもの“伸び期”となる夏休みを有意義なものにするために、親の心構えと注意点について聞きました。


2014年05月02日(金)



 新学期が始まって1カ月、これまでと違う環境で頑張っている子どもたち。うれしいことや楽しいこと、イライラしたり落ち込んだり、感情がたかぶったり揺れている時期です。そこで親業訓練シニアインストラクターの大下幸恵さんに、高学年の子どもたちの“心ケア”について聞きました。

2014年03月06日(木)



 小学3年生で学童保育が終わり、小学4年生から気になるのは放課後の過ごし方。子どもたちの放課後の居場所や預け先がなくなり、子どもだけで過ごす時間が増えてきます。そこで、子どもたちが健やかに成長してくために考えておきたいことや気を付けたいことを、学童保育機能を備えたアフタースクール「サポート託」を運営する、東條典子さんに聞きました。

お話は サポート託 東條典子さん

2013年12月06日(金)

質問:子どもにやる気がありません。声をどう掛けたらいいの?

答えてくれたのは、おやイスト いとうともこさん

 子どもたちに「勉強しなさい!」と言いながら、「なんで勉強しないといけないの?」と聞き返されて困った―という経験はありませんか。反抗期を迎え、自分の気持ちをしっかりと主張できるように成長した子どもたち。その年齢を迎えた子どもたちが生きる道を見つけ、生きる力を身に付けていくために、親としてできることをおやイストのいとうともこさんと一緒に考えてみました。



2013年08月01日(木)

質問:子どもに携帯電話を持たせるかどうか迷っています。

答えてくれたのは、鈴峯女子短期大学准教授 倉盛美穂子さん

 小学校高学年になると一人で行動する機会が増え、子どもに携帯電話を持たせることを考える親御さんも多いようです。しかし急速に進化し複雑化していく携帯電話を前にすると、その付き合い方に不安を感じずにはいられません。情報化社会の良い面を最大限利用できる土台づくりについて、鈴峯女子短期大学准教授の倉盛美穂子さんに聞きました。



2013年05月02日(木)

答えてくれたのは、教育コンサルタントで現役看護師の振本恵子さん

小学校高学年ごろから、子どもたちの体は大人へと変化していきます。子どもたちは急激な変化に戸惑い、心は大きく揺れ動いています。不安から生まれる反抗的な態度に、大人も不安が大きいのではないでしょうか。反抗期を迎えた子どもの受け止め方について、教育コンサルタントで現役看護師の振本恵子さんに聞きました。


2013年04月11日(木)

答えてくれたのは ファイナンシャル・プランナー 高橋 佳良子さん です

新しいゲームソフトが出るたびに欲しがる、親がダメならおじいちゃんにおねだりして買ってもらう、スーパーに行くと買い物かごに勝手にお菓子を入れてくるなど、我慢ができない子どもが増えています。
 ATMに行けばお金が出てきますし(預けているお金をおろしているのですが)、クレジットカードや電子マネーなどで現金がなくても買い物ができます。お金の実態がつかみにくく、子どもたちが金銭感覚を身につけるのが難しい時代ともいえます。大人になっても、「ほしいから買う」「お金がないから借りる」では、家計は破たんしてしまいます。
 お金をコントロールすることは、自分の気持ちを整理することでもあり、自立した大人になる大きな力になります。

 そこで有効なのがお小遣い制度です。お金の使い方を考え、我慢したりほしいものをためて買う、そのために節約する、費用対効果を考えるなど、お金との上手な付き合い方を身につけることができるようになります。


2013年04月03日(水)

答えてくれたのは 整理収納アドバイザー 高杉紀子さん

 小学4年生の息子は、リビングにランドセルを投げっぱなしにしています。リビングは来客があったり仕事に利用したりすることも多く、整理整頓はもちろん、見た目もすっきりしたいもの。でも、子どもに無理やり片づけさせても続きませんし、親のイライラは増すばかり。子どもとうまく共存できる整理収納方法を探すようにすれば、気持ちがとても楽になります。
 そこで、子どもと一緒に楽しみながら、整理収納に取り組んでみてください。




わんぱく大作戦プロジェクト2018 協賛
■主催 わんぱく大作戦プロジェクト2018  【お問合せ】 わんぱく大作戦事務局 TEL082-255-0331(平日9:30~17:30) FAX082-255-0099
■後援 広島県 広島市 広島県教育委員会 広島市教育委員会 広島県医師会 広島県歯科医師会 広島県薬剤師会 広島県看護協会
(一社)広島県子ども会連合会 広島市子ども会連合会 広島県PTA連合会 広島市PTA協議会 中国新聞社