15.09.25(金)  この冬はどんな冬?


25日、気象庁(気象台)から

10月~12月の3ヶ月予報

12月~来年2月の冬の予報
(寒候期予報)が発表されました

(ご興味がある方、詳しく知りたいという方はこちらを御覧ください)



それによりますと、

11月~来年2月の冬の傾向は

今年の冬は寒さが長続きせず、暖かい日が多い

 低気圧や前線の影響を受けやすく降水量は多め
」とのこと。



その理由としては

・日本が低圧部になりやすい(エルニーニョ現象などで)

・日本列島に暖かい空気が流れ込みやすい

・冬型の気圧配置になりにくく、寒気の影響が小さい

だそうです



ただーし、暖かい日が多い冬でも

まとまった雪が降るような強い寒気が1~2回は入ります

逆に言えば「寒暖の変化が激しい冬、体調管理が難しい冬」と言えるかもしれません

(暖かさになれた時に急に寒くなると体に負担がかかりますからね…)



あともう一つ厄介なことがあります。

春先に関東地方で大雪をもたらすような気圧配置が起こりやすくなるおそれがあるということ。

これは日本の南岸を低気圧が通過するときのことですが、

「暖かい日が多い冬」はよくこの状況が発生します。

そういう意味でも、「思わぬ突然の雪に注意しないといけない冬」になるかもしれません(註1)



ただし、エルニーニョ現象が起こっていたはずの昨冬も結構寒かったわけで…

偏西風の蛇行や寒気の入り方をきちんと確認し、きちんとした予報をみなさまにお届けできるようにしたいと思います。

上空の流れを上手く捉えることができれば、先ほど上げた注意点も含めてきちんと皆さまにお応えできると考えています



25日以降、ちまたでは「暖冬」という言葉が氾濫すると思いますが

私はキライなので使いません。

「暖かい冬」というものは絶対に存在しません!! 冬は寒いのです

「あくまでも平年より暖かい日が多め」ということでしかありません。



「"暖冬”の予報だったのになんで寒いんや!」と言わないでね



(hadaken)



(註1)広島県は、冬型の気圧配置でも南岸低気圧でも積雪がありますから、予報がほんとうに難しい…

15.08.24(月)  台風15号の動向に注意(続報)





非常に強い台風15号、

23日夜には石垣島で最大瞬間風速71.0メートルと猛烈な風を吹かせました…

このあとさほど弱まらず、東シナ海からあす九州~中国地方西部を通過する見込みです。



"だいぶわかってきたけど、まだよくわからん”というのが正直なところ。

まだ予報円も大きくて、不確定要素が大きいですねぇ





(気象庁HPより)



台風の特徴は

・台風の構造が非常にコンパクト

・台風本体の雨雲は発達 中心に近いところでは風も非常に強そう

・接近直前までは雨、風ともにあまり強くないかもしれないが

 近づくと急に強まるおそれ

・また台風が東寄りの進路(広島県に近いところ)を通ると、

 雨風の影響が予想以上に強まるおそれも



うーむ…



最接近 あす25日火曜お昼前後か昼過ぎ~夕方

注意点 大雨・短時間の非常に激しい雨 強風、高波



大雨 短時間の激しい雨

きょう夕方辺りからはにわか雨のところも出てきそう

またあす明け方前からさらに雨が降りやすくなりそう。

特にあす午前中から夕方前にかけては雨が激しく降るおそれがあります

河川の増水やはんらん、洪水、低地浸水などに警戒

土砂災害にも念の為に注意を



強風、高波、高潮

あす未明には台風の強風域に
入りそう。

現状、予報円の中心に近いところを通れば暴風域には入らないのですが

瞬間的には25~30メートルぐらいの非常に強い風が吹くおそれもあります

強風と沿岸部の高波、夕方満潮時の高潮には念のため注意を



なお台風が東寄りの広島県に近いところを通ると、

影響が長引くとともに、さらなる大雨と暴風のおそれ


今後の情報には十分注意するとともに

・きょうのうちに家の周りの飛びやすいものはかたづけ

・雨どいや排水口など、水回りの掃除をしておきましょう

・また最接近時には安全な場所で過ごしましょう!!

 家の2階や高いビルの上層階など高いところ(洪水、浸水対策)や

 頑丈な建物のなか(風対策)で過ごすようにしましょう!!



なお、台風のスピードが変わったり、

進路が東寄りの広島県に近いところを通ると、予想や影響が大幅に変わるおそれがあります。

なお、最新情報は

TSS天気予報ホームページ

TSS天気予報Twitter(公式)

両方をチェックしてください!!

(hadaken)

15.08.24(月)  台風15号の動向に警戒! 西部暴風域に!?





非常に強い台風15号、

23日日曜夜には石垣島で最大瞬間風速71.0メートルと猛烈な風を吹かせました…

このあとさほど弱まらず、東シナ海から25日火曜には九州~中国地方西部を通過する見込みですが、



な、な、なんと! けさから暴風域が成長を続けております…

(午前6時暴風域の半径90キロ →午後9時南東170キロ&北西90キロ)

またこれまでの予想より広島県に近いところを通るおそれが出てきて、

県の西部では25日火曜日中に暴風域に入る心配も
大きくなってきました…





(気象庁HPより)



台風の特徴は

・台風の構造が非常にコンパクト

・台風本体の雨雲は発達 中心に近いところでは風も非常に強そう

・接近直前までは雨、風ともにあまり強くないかもしれないが

 近づくと急に強まるおそれ

・また台風が東寄りの進路(広島県に近いところ)を通ると、

 雨風の影響が予想以上に強まるおそれも



うーむ…



最接近 あす25日火曜お昼前から夕方前

警戒・注意点 大雨・短時間の非常に激しい雨、暴風、高波



大雨 短時間の激しい雨

このあとにわか雨が続きます。

25日火曜明け方前からさらに雨が降りやすくなりそう。

特に火曜午前中から夕方前にかけては雨が激しく降るおそれがあります

河川の増水やはんらん、洪水、低地浸水などに警戒

土砂災害にも念の為に注意を

雨量 西部など多いところで総雨量100ミリ前後

   ピーク時の1時間に40ミリ前後の激しい雨



暴風、高波、高潮

火曜明け方あたりには台風の強風域に、

また午前9時前後をめどに日中にかけて、西部が暴風域に
入りそう。

さらに広島県に近いところを通ると、もっと広い範囲が暴風域に入るおそれも

瞬間的には30メートルを超える非常に強い風が吹くおそれもあります

(何かにつかまらないと歩けない 看板などが飛びやすくなる)

また沿岸部の高波、夕方満潮時の高潮には念のため注意を



今後の情報には十分注意するとともに

・いまのうちに家の周りの飛びやすいものはかたづけ

・雨どいや排水口など、水回りの掃除をしておきましょう

・また最接近時には安全な場所で過ごしましょう!!

 家の2階や高いビルの上層階など高いところ(洪水、浸水対策)や

 頑丈な建物のなか(風対策)で過ごすようにしましょう!!



なお、台風のスピードが変わったり、

進路が東寄りの広島県に近いところを通ると、予想や影響が大幅に変わるおそれがあります。

なお、最新情報は

TSS天気予報ホームページ

TSS天気予報Twitter(公式)

両方をチェックしてください!!

(hadaken)

15.08.22(土)  台風15号の動向に注意!



台風15号が接近しています。

このまま行けば、

25日火曜に九州北部~中国地方西部~日本海を通る見込み

このコースは広島県にとってはあまり良くないコースで

雨や風に関して、大きな影響が出る心配
があります



最接近は25日火曜の後半と見られています

(台風進路図をみればもっと絞れそうですが、まだ予報円が大きめなので少しぼかしておきます)





(この画像は気象庁HPより)



今回の台風の特徴ですが

・広島県に大きな影響を及ぼすおそれがあるコースを通りそう

・進行速度があまり早くない

・(いまのところ)台風の雲がしっかりしている

ということで、

大雨、暴風、高潮、高波などに警戒が必要だと考えています。

特に今回はとりわけ大雨やそれによって引き起こされる災害には注意が必要です。

土砂災害、洪水(河川の増水や氾濫、低地浸水)には特に注意が必要です。

また潮位が高い時間帯に接近通過するおそれがあるので、沿岸部の高潮にも注意が必要かと思います。



ぜひ、日曜は台風への備えも確認する日にしてほしいなと思います。



なお、最新情報は

TSS天気予報ホームページ

TSS天気予報Twitter(公式)

両方をチェックしてください!!

(hadaken)

15.07.14(火)  台風11号情報! 「備えあれば憂いなし! “3番目の子ぶた作戦”で行こう!!」


どーも

台風11号が接近しています。

まだ進路や接近時間がコロコロ変わっているのですが、

17日金曜日中に広島県にかなり近づき、通過…

いや広島県を直撃するおそれが大きくなっています…

(直撃となると2004年8月の台風16号以来、11年ぶりとなります…)



今回の台風は

・ある程度勢力を保ったまま接近しそう

・動きが遅いので大雨や強風の影響が長引き、大きくなるかも…

これが特徴です ああこわい(((((((( ;゚Д゚))))))))



でも、「台風がこわいよー('A`)」という気持ちはわかります。

ただ山本さんのお話にもありました。



台風は事前にある程度進路と影響がわかるので、きちんと備えをすれば大丈夫です!!

そして台風の接近・通過時に頑丈な建物の中など、安全な場所ですごせば絶対に大丈夫なのです!!

正しくおそれて、でも冷静に台風と立ち向かおうではありませんか!!



今回の台風のポイントは

大雨 強風(暴風) 高潮・高波です

大雨や強風、高潮・高波への対処法はこちらに記してあります!!

TSSお天気キャスターブログ「台風に備えよう!」



また接近通過時には「気になるから外を見てくる…」というのは絶対にやめて

頑丈な建物の中など、安全な場所で過ごしましょう たったの数時間です!!





私はこれを「3匹の子ぶた」ならぬ、「3番目の子ぶた作戦」と名付けました

オオカミが「台風」ですが、3兄弟ブー、フー、ウーのうち、

ウーは万全を期してレンガで家を作りました。結果はご存じのとおり…



どんな台風が来ても、きちんと備えて、安全な場所ですごせば必ず命を守ることができます!!

ぜひ! 台風が来るまでにしっかりと備えてください!!



台風なんか、こわくない!!

(hadaken)

1, 2, 3, 4, 5 ...19

« 前の5件 次の5件 »

   
Link