20.09.29(火)  台風上陸無し?


今年は「良い記録」が誕生するかもしれません。



今年は、今のところ日本列島に台風が上陸していません。

台風上陸数0(ゼロ)です。



まだ、11月ころまでは台風が日本列島に近づく可能性がありますが、

過去の統計からも上陸する可能性は小さくなっていきます。



正式な記録がある1951年以降では、

台風上陸0の年は過去4回だけ。

(1984、1986、2000、2008年の4回)

このままいくと、5回目の上陸台風0の年になる可能性があります。



果たしてどうなることか、今後の注目です。



私は、天気予報を当てて当てて、苦情・文句0(ゼロ)を目指したいですが、

もう遅いか・・・(苦笑)。



気象予報士 山本 剛弘

20.09.28(月)  日暮れが早まる・・・

今日も、日中は穏やかな秋晴れの天気となりました。

昼間、空を見上げると・・・

「秋の澄んだ青空」

に思わず見とれてしまいました。

気象予報士の心まで奪ってしまう?秋の空。

怖いですね!?



さて、夕方になると、空が暗くなるのが早くなってきました。

今日の広島の日の入り時刻は

午後5時59分。

今日から午後5時台になりました。



この後、一日1~2分ずつ日暮れの時間が早くなります。

だんだん秋の夜長の時期になってきましたね。



気象予報士 山本 剛弘

 

20.09.23(水)  また秋が深まるよ!


台風12号は、このあと関東地方の沖合(海上)を進む見込みで、

日本列島への「上陸」の可能性はほぼ無くなりました。

今年は、このままいくと「台風上陸無し」のままかも知れません。



さて、台風12号は日本列島の「東側」を通過します。

この時期のお天気の法則に

 台風が「東側」を通過すると秋が深まる

というのがあります。

今回は、この法則に当てはまります。



台風が去ったあと、北の方から西日本の上空にも

冷たい空気が流れ込みます。

今週末以降、来週にかけて、また朝晩の気温が低くなり、

秋が深まりそうです。



あまり順調に深まりすぎて、早く冬が来てしまうのも困りますので、

ほどほどに秋が深まってほしいですね。



気象予報士 山本 剛弘

20.09.22(火)  「秋分」の次は・・・


今日は「秋分の日」。

日中は秋らしい過ごしやすい天気になりましたね。

連休最終日でもあり、皆さん秋を楽しむことができましたでしょうか?



「秋分の日」ですから、今日は24節気の「秋分」です。

「秋分」の次は「寒露」

その次は「霜降」

その次は「立冬」・・・。

そうです。あっという間に「冬」です。



秋は短い!

今年は冬の訪れが早くなる可能性が出てきています。



これからが秋を一番楽しむことができる時期です。

短い秋を、しっかり楽しんでおきましょう!



気象予報士 山本 剛弘

20.09.21(月)  敬老の日と天気予報


今日は「敬老の日」ですね。

日本には117歳の元気なおばあちゃんがいらっしゃるとか。

心から尊敬します!



ところで、日本の「天気予報」は 明治17年生まれ ですので、

現在136歳。



天気予報は年を重ねるほど元気 というか 進化しています。

これからも、さらに進化を続けるでしょう。



私も、そんなおじさん?になりたい。



気象予報士 山本 剛弘

1, 2, 3, 4 ...179

次の5件 »

   
Link