22.06.29(水)  何か足りない・・・


朝から「夏空」がひろがり、真夏の暑さ・・・。

梅雨が明けて「真夏」になったのに、何か物足りない・・・。

天気図も完全に「夏型」なのに何かが足りない・・・



と考えていたら、あっ!と気付きました!

セミが鳴いていない!

「夏空」と「セミの鳴き声」ってセットですよね!?



そして「ヒマワリ」の花ではなくて、まだ「アジサイ」が咲いています。



何だかちぐはぐです。



変な気候に、土の中のセミたちは何かを感じ取って、

出てくるのをためらっているのかもしれません。



このあとどうなってしまうのか、とっても心配です・・・



来週は、少し天気が変わりやすくなりそうです。

今後の天気変化に注目しておいてほしいと思います。



昔の気候とはすっかり変わってしまった・・・

気象予報士 山本 剛弘

22.06.28(火)  明けました!


今日(28日)、中国地方をはじめ西日本各地で一斉に「梅雨明け」となりました。

中国地方の今年の梅雨はわずか14日間・・・。

秋になって梅雨期間の見直しがある可能性もありますが、

あまり「梅雨を感じない」梅雨になりましたね・・・。



私、お天気にかかわる仕事を始めて30年以上になりますが、

こんなに早く梅雨明けをお伝えするのはもちろん初めての経験。

現時点で「梅雨が明けたのは事実」ですが、実感できません。

がんばって受け入れたいと思います。

夏です!夏です!!



前代未聞の6月なのに「真夏」到来!ですが・・・。

このまま7~8月にかけてずっと「真夏の状態」が続くかというと、

現時点では明確にわかりませんが、

「続かない」と思った方が良いと思います。

どこかのタイミングで高気圧が弱まると、

雨が降りやすい時期が必ずきます。



今は「梅雨が終わった 終わった!」気分ですが、

今後もいつ大雨が降っても対応できるような気持ちを

持ち続けてほしいと思います。



それより、早く「真夏」が来たことを受け入れないと・・・。

気象予報士 山本 剛弘

22.06.27(月)  いよいよ「あす」かな?


南の夏の高気圧が北に勢力をひろげて、日本列島を覆ってきました。

今日(27日)は九州南部、東海、関東甲信地方の「梅雨明け」発表がありました。

これで、お膳立て?ができましたね!



おそらく、あす(28日)は中国地方も「梅雨明け」発表があると思います。



ただ、中国地方では過去6月中の「梅雨明け」発表は一度もありません。

過去(1951年以降)、中国地方の最も早い梅雨明けは

7月3日(1978年)です。



こんなに早く「梅雨明け」の発表をしてもいいの?

と、気象台の担当者もきっと思っていることでしょう。

梅雨明け「どうなる?」というより

梅雨明け「どうする?」という感じですね。



あすを楽しみに?待ちたいと思います。



ただ、こんなに早く梅雨明けしてしまったら・・・

後の事を考えると正直かなり心配です・・・。



「カープ」はもう完全に「梅雨明け」しましたね!

気象予報士 山本 剛弘

22.06.24(金)  局地的な雷雨に注意


きょうの広島県内は大気の状態が不安定となっています。

今夜からあすの朝にかけては特に

局地的に雷を伴って激しく降るおそれもありますので

雨の降り方に注意をお願いします。



あす日中は雲が多いながらも

日差しの出るところもありますが

あさっての週末にかけても

変わりやすい天気は続きます。

気温の上がる午後は局地的な雷雨にはお気を付けくださいね。





気象予報士 田代香子

22.06.23(木)  あすは雨具を


あすは前線の影響を受けます。

前線が山陰沿岸まで南下してくるため、

県内は夕方には雨の降るところが多くなるでしょう。

暖かく湿った空気の流れ込みが強まるため

局地的には雷を伴うところも出てくる見込みです。

あすはお出かけ前に雨が降っていなくても

雨具を忘れずにお持ちくださいね。



気象予報士 田代香子

 

1, 2, 3, 4 ...382

次の5件 »

   
Link