アナウンサーブログ:野川アナ バックナンバー一覧

2021.1.25(月)

しもわちのえき

こちらは我らが広島県、三次市の しもわち(下和知)駅・・・芸備線で三次駅から備後落合駅に向かう途中にあります。 ちなみに、三次方面にひと駅行くと「しおまち」(塩町)駅。「しおまちしもわち、しおまちしもわち、しおまちしもわち」・・・ちょっと噛みそうです。さらに、備後落合方面にひとつ進むと「やまのうち」(山ノ内)駅。「しおまち しもわち やまのうち」・・・素敵なラップが刻めそうです。(写真は2019年・春に撮影) 

続きをみる≫

2021.1.15(金)

さんさいのえき

こちらは長野県の・・・三才(さんさい)駅です。 (駅舎の字体も味があって大好きです)ホームはなかなかの長さ。いまは第三セクター「しなの鉄道」の駅ですが、かつては信越本線として、上野(東京)方面と直江津(新潟)・金沢方面を結ぶ特急列車も通っていた区間にあります。駅舎にはこんな「ほっこり」スポットも。駅名が駅名ですから、実際に、3才になったお子さんを連れてきて記念撮影するお客さんも多いんだとか。僕がうかがったのは、26才の冬でしたが、願わくば3才の誕生日に来たかったなぁ・・・。・・・きょうがお誕生日の方、おめでとうございます!!! 

続きをみる≫

2021.1.12(火)

あお のえき

こちらもおととし暮れに訪ねた兵庫県小野市の「あお」駅です。「粟生」と書いて「あお」。なかなかの難読駅名です。ヘボン式ローマ字にすると「AO」の2文字で、これは日本の鉄道駅名では最短タイです。たびたび駅名の短さで話題になる 津駅(三重県)もヘボン式ローマ字になると「TSU」ですから粟生駅はちょっとしたナンバーワンステーションです。 跨線橋から見ると構内はこんな感じ。味わいがあって、ドラマが生まれそうな雰囲気です。3路線が乗り入れる便利な駅でもあり、神戸新開地へも1本で出られますし、前回のブログでお伝えした「例の駅」へも10分ほどで行くことができます。とにかく風情がある素敵なところ。状況が落ち着いた暁には、再訪いたします。

続きをみる≫

2021.1.6(水)

いちばのえき

皆さま、明けましておめでとうございます。新年1本目はこちらの駅から参ります!この漢字の並びでこの読み方をする鉄道駅は全国にいくつかありますが、こちらは兵庫県のJR加古川線。おととしの年末に通りがかっただけで、まだ降りたことはないのですが、なんだか親近感を覚える駅名ですよねぇ。もうひとつ付け加えさせていただけば、私の父が福島県・小野町出身なので、となりの「小野町」駅の漢字の並びと読み方にもワクワクします。また心置きなくワクワクできる日が一日も早く戻ってくることを願わずにはいられません。ことしもどうぞよろしくお願いいたします。

続きをみる≫

プロフィール

出身地:東京都
誕生日:8月29日
血液型:不明

プロフィール・Q&Aはこちら