そ~だったのかンパニー

提供:中国電力

過去紹介した企業のおさらい

今週の紹介カンパニー
紹介企業

ハイカワデザインガラス株式会社

【本社】山口県宇部市明神町
【概要】装飾ガラスの製造

ハイカワデザインガラス株式会社(山口県)

今回のそ~だったのかンパニーは、美しく輝くステンドグラスに革命を起こした山口県の「ハイカワデザインガラス」が登場!通常15万円はするステンドグラスと同じサイズ・柄のものをカンパニーの製法でつくるとなんと・・・3万円!製作期間も半分以下だと言う。高級なイメージのステンドグラスをカンパニーは独自の発想と技術で早い!安い!新しい!に変えたというが、一般的なものと一体どこが違うのか?ふたつを見比べた八嶋は「カンパニーのステンドグラスはスッキリしてる!根本的に作り方が全然違うんだね」と興味津々。八嶋が驚いたカンパニーのステンドグラス製造の秘密とは?さらに、カンパニーが開発した、日本で唯一の割れない!?ステンドグラス、そして浮き出るステンドグラスも登場!八嶋も大興奮のステンドグラス、その秘密を大公開します!

放送内容写真

そーだったのかポイント1

「早い、安い、新しい!ステンドグラスをつくったカンパニー」

独自の技術で新しいステンドグラスをつくったカンパニー、ハイカワデザインガラス。
昭和54年の設立当初からステンドグラスに特化して製造を行ってきました。従来品は
製造に時間とお金がかかるというデメリットがありましたが、カンパニーはより安くて身近なステンドグラスをつくることを考案。
それはガラスの上に直接図柄を描くという方法。しかしガラスは元々塗料がつきにくいため市販の塗料では簡単にはがれてしまいます。そこでカンパニーは塗料に瞬間接着剤のようなものを混ぜることで、はがれにくくしました。板ガラスの上に着色を行うステンドグラスを開発するためにカンパニーは2年間かけて課題を乗り越え、早い、安い、新しいの3拍子揃ったステンドグラスを完成させたのです。

そーだったのかポイント2

「日本唯一 割れないステンドグラス!?」

放送内容写真

カンパニーが日本で唯一つくっているのは落としても割れないステンドグラス。
その素材に採用したのは強化プラスチック。
ある大手メーカーから技術提供を受け、強化プラスチックをつくりはじめたことがきっかけで誕生しました。樹脂から板をつくりガラスの繊維を入れ、1枚ずつ職人の手づくりで完成させていきます。落としても割れないということでこれまでガラスだと危険だった幼稚園や保育園の教室のドアなどに使えるようになりました。新たな技術と発想でカンパニーはステンドグラスをより身近で魅力的なものに変えていきました。

あなたの街の「気になるかンパニー大募集!」