そ~だったのかンパニー

提供:中国電力

過去紹介した企業のおさらい

今週の紹介カンパニー
紹介企業

株式会社 タカコーポレーション

オリオンテック 株式会社

中国高圧コンクリート工業 株式会社

株式会社 タカコーポレーション(広島県)

オリオンテック 株式会社

中国高圧コンクリート工業 株式会社

今回は、スペシャル企画として一見つながりのないものが人々を幸せにするものに注目!携わる人々の取材を通して、ユニークなからくりを解明していきます!
広島県尾道市の沖合の海で壮大な実験が行われていました。あるものを撒いたことでみるみる水質が改善したのでした。そのカラクリを解明すべく番組スタッフは実験を行っている大学教授を直撃!すると・・・その正体はなんと「灰」!?他にも、作業員の頭を守るヘルメットのムレの悩みを解決したある話題のグッズから型崩れ野菜を有効利用した野菜シートなど、思わずその手があったのか!と唸ってしまう商品開発のそ~だったのかに迫ります。

そーだったのかポイント1

放送内容写真

自動車業者の悩みがヘルメットのムレを解消!

今回は、一見繋がりのないものが人々を幸せにしているビジネスを特集!まずは、自動車のひじかけなど内装品の部品をつくっている「タカコーポレーション」。海外に部品を輸出する際、湿気で緩衝材にカビが発生してしまうことがあり、そんな自動車業者の悩みを解決しようと、新たに設備を導入し、湿度の調整ができる炭入り緩衝材を開発したのです。他にも使い道はないかと考え、ヘルメットのムレ対策用にアレンジ!ヘルメット中に入れ込むだけでムレが気にならなくなると、屋外での仕事が多い作業員たちの間で評判となっているのです。

そーだったのかポイント2

放送内容写真

“紙”の発想で野菜をシートに!

30年以上にわたって、段ボールや紙を扱う仕事に携わってきた「オリオンテック」の社長・島田さん。少しでも食品ロスをなくしたいと、規格外の野菜を使って、紙のようなシートをつくることにしたのです。種・皮までが入った100%トマトのシートの他に小松菜やタマネギもあり、料理の幅を広げてくれると、さまざまなジャンルの料理人から熱い視線が送られているのです。実はこれまで野菜100%でつくられたものはなく、特許も取得しているのです。

放送内容写真

そーだったのかポイント3

海砂の代替品が海を豊かにしていた?!

コンクリート製品を扱う「中国高圧コンクリート工業」では、発電させるために燃焼した石炭の灰を利用して、セメントと約90%の灰でできた「Hiビーズ」をつくっています。なんとこれが、海を豊かにするのに役立っているというのです。灰の成分のほとんどはミネラル。それをエサとする藻がHiビーズに付着し、貝やカニが集まり、魚が生息し始めることで生態系が生まれ、海が豊かになっていくというワケなんです。しかし、Hiビーズは元々、海砂の代替品として生み出されたもの。ところが「Hiビーズをまいた所の水質がいい気がする」という工事関係者の話を聞き、大学と調査を行ったところ、海を豊かにすることを発見したのです。

あなたの街の「気になるかンパニー大募集!」