そ~だったのかンパニー

提供:中国電力

14.10.05OAのそ~だったのかンパニーは!?

今週の紹介カンパニー
紹介企業

ダイヤ工業株式会社

【本社】岡山県岡山市
【事業内容】医療用品の開発及び製造、販売

放送内容写真

日本人の約2800万人が悩まされている腰痛。今回のそ~だったのかンパニーはそんな腰痛を支える「ダイヤ工業」。腰のサポーター製造において、国内トップシェアを誇るカンパニーの裏側にあったのは、ミシンによる手縫いの技と患者の症状を熟知する整骨院との太いパイプだった!最先端技術を駆使した驚異の製品も登場!進化するサポーター、その最前線を走るカンパニーの挑戦に密着します。

岡山県岡山市にある「ダイヤ工業」は全国にある整骨院の約7割にあたる、3万軒の整骨院と取引をしている。腰痛経験のある八嶋は「知らない間にお世話になっているかも!」と興味津々。そんなカンパニーの強さの秘密を探るため向かった工場にあったのは、種類豊富なサポーターの数々だった!その数なんと1000種類!なぜそんなにも多くの種類を作ることが出来るのか?そこには創業当時から続く、ミシンによる手縫いの技と、痛みを抱える患者さんたちへの想いがあった!
実はカンパニーの強みの一つでもあるミシンの技術は創業当時、行っていたあるモノの製造と大きな関係があるという。海外にも輸出していたと言うそのあるモノとは?さらに八嶋が「そ~だったのか!」と驚いた、社名の由来となったその輸出先の場所とは一体?

さらに、岡山大学とカンパニーが共同開発、最先端技術が詰まった夢のようなサポートグローブが登場!八嶋が「なんですか!これは?」と声を上げたその驚異の機能とは一体?
サポーターで介護の世界を変え、未来を明るく照らそうと奮闘するカンパニーの秘密に迫ります。