TSSテレビ新広島 開局40周年・ここからっ!TSS

  • ひろしま満点ママ!!
  • みんなのテレビ
  • 釣りごろつられごろ
  • 全力応援 スポーツLOVERS
  • 行きたがリーノ
  • そ~だったのかンパニー
  • 番組
  • 週間番組表
  • ニュース
  • 天気
  • イベント
  • プレゼント・試写会
  • アナウンスルーム
  • わんぱく大作戦
  • WEBSHOP
  • 会社概要
  • ご意見ご感想
15.09.10(木)  命を守るために、今すぐ確認を!!

台風18号やそれから変わった低気圧に吹き込む湿った空気の影響で

関東、東海地方では大洪水や土砂くずれなど大きな災害が発生しています。

台風18号自体は小さく、勢力も強くない台風でしたが、

進むスピードが遅く湿った空気の流れ込みが長時間続くと大雨になるという災害でした。

とにかく今は、少しでも多くの方が無事に助かることを祈って止みません。



さてこれからの何枚かの写真は広島でも起こった災害です









(広島市安佐北区矢口)







(呉市)







(三次市)



いまから5年前、2010年7月14日に起きた水害です

芸北の多いところで5日間に400ミリを超える大雨となったため

太田川の支流や江の川がはん濫、また都市部でも浸水の被害が発生したのです。



広島県内では

太田川や江の川、そしてそれらの支流も含めた多くの川で

はん濫や洪水などの災害が大昔から何度も何度も発生しているのです!!


e.g.

1967年(昭和42年) 豪雨災害

1972年(昭和47年) 県北豪雨災害

2010年(昭和42年) 7月豪雨災害

(それぞれ広島県のホームページに飛びます)

広島県内でも、今回のような災害が起きてもおかしくないのです!!



これからも何年かごとに広島県でも大きな風水害が起こるはずです

ただ災害に遭ってもその影響を最小限に抑え、命を守る方法がいくつかあります

その一つは

自分の家や仕事場・学校などよく行く場所、そしてその途中など

よくいる場所の周りに危険な場所があるかないかを知っておくこと
です!!



危険な場所を知ることは難しくありません

お住まいの自治体のホームページや公共施設でみることができる

ハザードマップ」で簡単に確認ができます!!





(ハザードマップの例)



また広島県のホームページ「広島県防災Web」でも確認が可能です!!



・土砂災害の心配があるところはどこか?

・洪水で浸水しやすいところはどこか?

・台風の高潮で浸水しやすいところはどこか?

・津波で浸水する恐れがあるところはどこか?



これを知っておくだけでも、災害が起こりそうな時の対応が変わってくる…

そして

災害に遭いそうなときあった時の「自分の命を守る行動」につながるはずです

ぜひ、すぐに確認をしていただければと思います!!

改めまして、今回被災された方にお見舞いを申し上げるとともに、

より多くの人が安全に助かることを祈って止みません

(hadaken)

13.09.17(火)  台風ひとつひとつに「個性」あり


台風シーズンです。

台風18号は、各地に大きな被害をもたらせてしまいました。

さて、台風が日本列島に接近してくるだけで、

「台風が来る!大変だ!」と勝手に大騒ぎしてしまう方もいる一方、

全く興味も示さない方もいます。両方とも“困ったちゃん”ですね・・・。



台風が近づいて来たとき、一番肝心なことは

「どんな台風が近づいてくるのか」をしっかり知っておくことです。



大きさは?強さは?スピードは?雨がたくさん降るのか?風が強く吹くのか?



その上で、自分が住んでいる地域にはいつごろ近づいて、

どんな影響があるのかを判断し、対策をたてるようにします。


何も知らないで、ただ単に「台風が来る」からと、

勝手な対策をしてしまうと、的外れなことにもなりかねません。

大型で猛烈な強さの台風が近づいているのに、

ちょっとの対策だけでいると、大変なことになります。

「どんな台風が来るか」がわかっているだけで、

冷静な行動がとれる筈です。ここが大切なところです。



対策が必要なことは…

 ・大雨による土砂災害、河川の氾濫、浸水

 ・暴風による建物の崩壊、屋外の固定していないものの飛散

 ・沿岸部では、高波や高潮による浸水、塩害

 ・避難場所の確認、いざという時の家族との連絡方法の確認

 ・救急用品、非常食の準備


このあたりが基本となります。



一言で「台風」と言っても、台風一つ一つに「個性」があります。

私たち気象予報士も、近づいてくる台風の「個性」を事前に見抜いて、

みなさんに的確にお伝えしなければならないと、痛感しています。



                                               ( やまもとたけひろ)

11.07.20(水)  防災・減災の基本的な心得 ~2011年台風6号を振り返って

今回の台風6号、

広島県では“やや強い風”が長続きし、瞬間的に非常に強い風も吹いたこともあってケガ人も数人出ました。

ただ広島県では大規模な影響はなかったといっていいでしょう。

 

一方で台風の動きが遅かったこともあり、

四国や紀伊半島、東海、関東などでは記録的な大雨となりました。

ポン酢で有名な高知県馬路村の魚梁瀬(やなせ)では

19日の1日だけの雨量が851.5ミリ(全国での観測史上最高…)

そして今回の降り始めからの雨がおよそ3日間で1199ミリ…

 

福山市で1年間に降る雨の量は1117.2ミリ(平年値)。

たった3日でそれを上回ってしまいました。

 

 

改めて思ったのですが、

大雨や台風などの気象災害から身を守るには



・適切な情報源(天気予報)から正確な情報を得ること



・事前にきちんと災害への備えをしておくこと



・大雨や強風の時は、不用・不急な外出は避けること

 

 そして安全な場所にいること



以上、3つだと改めて思う次第です。



大型の台風が頻繁に襲うはずの沖縄などで、なぜ台風の被害が小さいのでしょう?

地元の人に伺ってみると

台風が来ているときは外出しないんだよ!」と返ってきました。



ぜひ前述の3つを肝に銘じて、今後の防災・減災に活かそうじゃないですか!



また21世紀に入って、大型台風や記録的な豪雨が増えています。

その一因は地球温暖化… 私たち人間が間接的に引き起こしているのです…



東日本大震災以降、ライフスタイルの見直しが叫ばれています。

自分たちの命を守るためにも、地球に優しい生活について改めて考えてみませんか?

(hadaken)

11.03.30(水)  東日本大震災…

東日本大震災で被災された皆さんには、心からお見舞いを申し上げます。

また亡くなられた方には、心からお悔やみ申しあげます。

被災地の、早い復興を心からお祈りしています。



地震、大雨災害…

1995年の阪神・淡路大震災以降、大規模な自然災害が増えています。

皆さんを自然災害から守るために私たちは何が出来るのか…

日々の天気予報を含め、出来ることを考えていきたいと思います。

また今までの経験や知識を元に、

これまで以上に早く、正確で、役に立つ情報を皆さまにお知らせする所存です。



TSS天気予報

山本剛弘 波田健一

(メッセージ掲載が遅くなって申し訳ございません)

10.05.26(水)  気象庁(気象台)が「警報・注意報」の発表方法を変更します…



気象庁(気象台)は5月27日午後1時から気象警報・注意報の発表を市町村単位に変更します。

広島県では23の市町ごとに警報・注意報が発表されることになりました。










これまで広島県の警報・注意報は

全域 または南部・北部(一次細分区域)

あるいは

[南部]広島・呉 東広島・竹原 福山・尾三 [北部]芸北 備北(二次細分区域)の

5つに分けて発表されていました。



しかしここ数年、

非常に狭い範囲での局地的な大雨災害が多発していることもあって

よりきめ細かい情報を発表するためにこのたびの変更となりました。

気象警報・注意報の改善について(広島地方気象台)

大雨や洪水などの気象警報・注意報の改善について(気象庁)








ただしこの変更はいろいろな問題を抱えています。

テレビ局にとっても大きな影響があって、

かなり細かく情報が発表された場合に

短い限られた時間ですべての情報をみなさまにお知らせすることができないのです…



テレビ新広島でも

「気象警報・注意報の発表方法の変更」を聞いた2~3年前からその対応方法をずっと検討してきました。

基本的に対応をする方向で検討をしていますが、

広島県内すべての人が、限られた短い時間で理解できる方法」を

もう少し考えさせてください!!



当面、これまでどおりの方法で警報・注意報を発表します!



早ければ7月以降の対応を考えてはいますが…



今回のこの変更は情報を入手・利用する皆さんにとっても非常に重要な変更です。

テレビやインターネットなど入手する手段によって

その内容が違う場合も考えられます。

今まで以上にみなさんが積極的に情報を得ようとしなければいけません!



この変更に関してはいろいろ思うことがありますので

追ってまたいろいろな情報をお知らせしたいと思っています。

(hadaken)



※画像は気象庁、広島地方気象台ホームページより

   
Link