そ~だったのかンパニー

提供:中国電力

過去紹介した企業のおさらい

今週の紹介カンパニー
紹介企業

幾久屋クリーニング

【所在地】鳥取県八頭郡八頭町

幾久屋クリーニング(鳥取県)

今回は、「何でもきれいにしてくれる」と町で評判のクリーニング屋さんが登場。
店に持ち込まれたものは、まずは断らずに全力で研究してみる。お客様の大切な洗濯物にかけるカンパニーの思いと、その驚きの技術をご覧いただきます。
国内の一世帯当たりの年間クリーニング代が、ここ13年間で、およそ半分となる中、カンパニーが考えたのは、衣類以外のクリーニング。つまり、「なんでも洗ってしまおう」という事でした。靴にぬいぐるみ、鞄と様々な洗い物が殺到する中、評判となったのがベビーカー、チャイルドシートのクリーニング。一番苦労したのは、洗う事ではなく、実は意外な事でした。そして、これまでは丸洗いは不可能と思われていた、あるもののクリーニングも実現してしまい、今では、全国から依頼が来るほどになってしまいます。その技術には「これ、洗っちゃうの?」と、スタジオの八嶋、八田もビックリ!今回は、なんでも洗うチャレンジで地域に愛されるクリーニングカンパニーのそ~だったのかに迫ります。

そーだったのかポイント1

放送内容写真

なんでも洗うサービスに隠された思い

衣類の他、着物やブーツ・バッグ、さらにベビーカーなど、どんなモノでも洗ってくれるクリーニング屋さん。1992年をピークに、クリーニングの需要は年々減少。そこで始めたのが衣類以外のクリーニング。中でも評判となっているのが、剣道防具のクリーニング!地元の少年剣道教室の指導員をしている森田さんだからこそ、防具に染み付いた汗の汚れや匂いをなんとか取り除きたいとクリーニングに取り組んだのです。さらに、カンパニーでは洗い終わった後、使い古して色落ちした部分を藍染めのスプレーで染め直し、枠の部分を人工漆塗料で補修しているんです。

そーだったのかポイント2

放送内容写真

なんでも洗うお店の心配りサービス

どの程度まで汚れを落とすことができるのかを事前にお客さんに確認してもらってから注文を受けているカンパニー。そんなカンパニーが衣類のシミ抜きなどの相談に来たお客さんに行っているのが「品質保証書」のサービス。汚れを落とすために行った作業内容をお客さんに分かりやすく伝えるために、森田さん自身が品質保証書に記入しているんです。衣類を大切にしたいと思うお客さんの要望に全力で応えることが、お店の信頼へと繋がっているんです。

あなたの街の「気になるかンパニー大募集!」