そ~だったのかンパニー

提供:中国電力

過去紹介した企業のおさらい

今週の紹介カンパニー
紹介企業

株式会社 植田板金店

【所在地】岡山県岡山市中区

株式会社 植田板金店(岡山県)

今回のそ~だったのかンパニーは、新しいライフスタイルの形として人気急上昇中の「小屋」を作る岡山県の「植田板金店」が登場!趣味の部屋として、自分だけの隠れ家として、今、大注目されている小屋。八嶋はスタジオを離れ、駐車場に設置された小屋を体験することに。入るなり「コレいいなー!」と上機嫌。アレコレと個人的な願望を募らせます。八嶋が興奮したカンパニーの小屋の特徴とは一体?ある特定の女性を中心に圧倒的人気を誇っているというカンパニーの小屋。八嶋は「定年後の男性が好むイメージだったけど、なんで女性に人気なの?」と興味津々。小屋のオーナーになる女性の特徴とは一体?そして、アノ世界的建築家と夢のコラボが実現!つながる小屋とは?従来までの小屋の可能性を大きく変えた小屋カンパニーの挑戦に迫ります。

放送内容写真

そーだったのかポイント1

「仕事ができない雨の日を有効活用!?」

小さなお家、「小屋」をつくるカンパニー、植田板金店。カンパニーの主な仕事は雨どいなどの外装工事を行う建築板金。
そんなカンパニーは去年から新たに小屋の販売を開始したのです。きっかけは「雨の日」でした。外装工事は雨が降ると仕事が完全にストップしてしまうため、そんな日でもできる事業をカンパニーは模索していました。
そこで目をつけたのが「小屋」だったのです。室内で最終組み立てまで行うため、雨の日でも手の空いた職人さんがいれば作業して、仕事が減らずに済むのです。カンパニーにとって今ある人材と技術を有効活用できる新規事業、それが小屋だったのです。

そーだったのかポイント2

「小屋に大きな夢をこめて…」

放送内容写真

去年始めた小屋の販売は様々なビジネス関連の賞を受賞!評価されている理由は「品質」なんです。従来のプレハブのような簡易住宅は薄い鉄板などを使い、あくまで一時的に使用するものでした。それに対してカンパニーの小屋で使用する材料は一般的な住宅と同じ!もともと建築会社の下請けだったカンパニーは材料を安く購入することができ、高品質な小屋を安くつくることができるのです。さらにこのカンパニーの小屋に世界的建築家の隈研吾さんも注目!現在コラボレーションの計画が進んでいるんです。板金の職人と世界的建築家の融合によってカンパニーは小屋の可能性をさらに広げているのです。

あなたの街の「気になるかンパニー大募集!」