14.11.07(金)  蜃気楼 これからの時期、広島でも結構見られます!





7日夕方のTSSスーパーニュースでは
特別取材班による広島県北部の紅葉をご覧いただきました…
見ていただけましたか?

その取材班が撮影中に見つけたのが
蜃気楼(しんきろう)です!!

蜃気楼は朝晩の冷え込みが厳しくなる、晩秋から冬、そして初春にかけて見られますが
蜃気楼といえば、富山湾や琵琶湖、オホーツクなど寒い場所で見られるイメージが…
でも広島県でも見られるんですね!!

朝方にかけ晴れて放射冷却で地上付近が冷えると
地上と上空に温度差が生まれます。
そうなると中国地方の山々から、モノが浮いて見えたり、逆さに見えたりすることがあるんです



人がモノを見るとき、一直線に進む性質がある光が“モノ”に反射し
一直線に帰ってきた光を眼で認識することによって、人はモノが見えます。



実は、光は密度が高い冷たい空気のほうに進む性質を持っています。
そのため地上付近が冷え込むと、光は冷たい空気のほうに引っ張られて
本来見えないものなどを反射します。



しかし人間の目は、それがまっすぐ見えるものと錯覚して認識するため、
モノが浮いて見えたり、逆さに見えたり、伸びて見えたりするのです。

実は山からだけでなく、
これからの時期瀬戸内の沿岸でも見られる“浮島現象”
海上の島が浮いて見えるのは「蜃気楼」の一種なんです!
結構、広島県でも見えるんじゃん!

基本的には朝か午前中までしか見ることができません。
これから朝にお出かけの際は、遠くまでしっかり観察してみてください!
蜃気楼が見えるかもしれませんよ!!
(hadaken)

14.11.05(水)  急げ! 「171年ぶりの名月」…


(hadaken撮影 ボケちゃった…orz)

以前もお知らせしたとおり、
11月5日は「後(のち)の十三夜」!

もともと「十三夜」は「十五夜」の次に綺麗な月が見られるとされていました。
「豆名月」「栗名月」とも言われて古くから収穫を感謝するイベントでもありました。
また十五夜と十三夜を両方見ないと「片見月」として縁起が悪いとされました。

実は今年の十三夜は171年ぶりに2回。
旧暦で今年は9月が2回(現在は閏九月)あるからなんです。
旧暦(太陰暦)では月の満ち欠けで一カ月を決めていたのですが、
現在の暦との誤差を調整するため約3年に一度、「閏月」(うるうつき)を入れています。
前回9月が2回あったのは1843年…
江戸時代末期でもち肌のペリーが黒船に乗ってやってくる10年前のことです…

次に十三夜が2回あるのは95年後の2109年。
まだ間に合うのできれいな月を見ておきましょうね!
(hadaken)


追記
“ミラクル・ムーン”なる言葉が出てきているようですが、
“スーパー・ムーン”と混同し、「大きな月」と勘違いする人も出てきているようです。
記憶が間違っていなければ、1か月前に“ミラクル”という言葉はなかったような…
せっかく“後の…”という美しい言葉がありますし、それにはきちんとした意味があるのです。
正しい言葉を使いたいものです…

14.10.06(月)  今週は「月」が主役!

ど~も
今夜は「十三夜」! もうお月見されました?

「十三夜」は「十五夜」の次に綺麗な月が見られるとされていました。
「豆名月」「栗名月」とも言われて古くから収穫を感謝するイベントでもありました。
また十五夜と十三夜を両方見ないと「片見月」として縁起が悪いとされました。

実は今年の十三夜は171年ぶりに2回あります。
前回は1843年… もち肌のペリーが黒船に乗ってやってくる10年前です…
次に十三夜が2回あるのは95年後の2109年。

来月11月5日の「のちの十三夜」もしっかり見ましょうね!!

そして8日水曜日は太陽と月の間に地球が入り、影で月が隠れる「皆既月食」!!
今回は18時14分過ぎからかけ始めます。
月がすべて隠れるのは19時24分過ぎ。20時24分過ぎに再び現れ始めて、21時34分過ぎまで天体ショーが続きます。
今回は夜の早い時間帯からスタートしますから、子供たちも月食を楽しめると思います。
ぜひ家族みんなで皆既月食をお楽しみください。天気も問題ありません!! 
(hadaken)

13.11.11(月)  一瞬の「雲」


季節が秋から冬へ向けて、急ピッチで進み始めています。

今週は、一時的ですが「冬の寒さ」がやってきます。

気温の変化にしっかり対応できるよう、準備をしてくださいね。



さて、先日の朝、空を見上げると・・・。

写真のように空一面「ひつじ雲(通称)」が広がっていました。

正式には「高積雲(こうせきうん)」と言います。

あまりにもきれいで、思わず何枚も写真を撮りました。

私があまりにも熱心に(?)空にカメラを向けているので、

まわりの通行人も「何?」と空を見上げ

「まあ、きれい!」。



それから10分後、もう一度見たくて空を見上げたら・・・。

もう「ひつじ雲」の大群は姿を消し、

「ただの雲」が広がっているだけでした。

あっという間に、空の表情が変わってしまっていました。



この時期、雲の変化が激しい時期でもあります。

たまには、時を忘れて、

空をぼーっと眺めて見てはいかがでしょうか?

思わず感動するような空の表情を見ることが

できるかも知れません。



                       (やまもと たけひろ)

12.05.21(月)  3年前を超える“大天体ショー” ~部分日食









写真上は広島市南区 午前7時27分過ぎ 撮影はオレ…

下は先週お見せした見え方の様子…



みなさん、ご覧になりました?



日本では25年ぶりの金環日食でした。

関東から西の太平洋側を中心に観測されました。

広島では部分日食だったのですが、3年前を上回る9割以上の太陽が欠けることから晴天が期待されていました



予報としてはほぼ当たり

ただ太陽の欠け始めでは、広島県南部を中心に雲が多かったこともありやきもきしましたが…

太陽が最も欠けた「食の最大」の時は、北部では割といい状態。南部でも雲間から見ることができたのではないかと思います…

(一応責任が果たせたかな?)



私の写真はさておき

TSS天気予報のユーザーの皆さまから素晴らしい日食の写真が届きました!!











両方とも眼を傷めず日食を観測できる“ピンホールカメラ”の技術を応用したもの!

上は厚紙に小さな穴をあけ、その穴に太陽を通して光と陰で太陽の欠け方をみるものです。

陽射しがなかなか少なかったので、私の観測地点ではダメだったんですが、これは見事!

そして下は木漏れ日が“小さな穴”役割をしたもの。これも見事ですね!

木漏れ日が“三日月状”になっているのがわかりますか?



みなさん、ありがとうございます!!

(これに限らず、天気や自然に関するおもしろい写真があったらぜひお寄せください!!)





次回の大規模な日食は18年後。

太陽が6割強かける2030年6月(北海道で金環日食)になります

ただ、日食観察グラスはしばらくそばに置いておいて!!

実は来月6月6日には、これまた珍しい天体ショーが観測できます!!

金星が太陽の前を横切る“金星の太陽面通過”が観測できます!!

その様子はこちら!!

(画像は国立天文台)



「金星の日面通過」とも言われるこの現象、前回は8年前の2004年6月8日に発生しましたが

次回はなんと105年後!!

晴れていれば午前7時過ぎから午後2時前まで楽しめます!!

これも見逃せませんよ!!

(この“金星の太陽面通過”は243年周期! 次は105.5年後の2117年12月、その次が8年後の2125年、更にその次が121.5年後の2247年なんだそうです…)

詳しくは国立天文台・金星の太陽面通過特設サイトをごらんください!

(hadaken)

1, 2, 3, 4

« 前の5件 次の5件 »

   
Link