そ~だったのかンパニー

提供:中国電力

過去紹介した企業のおさらい

今週の紹介カンパニー
紹介企業

松葉製作所

【所在地】広島県府中市土生町

松葉製作所(広島県)

今回は、広島県府中市で工業用部品の木型製作を70年に渡り続けてきた「松葉製作所」が登場。
カンパニーは本業の木型製作の依頼が減る中、新たな活路を見出すため、その精緻なものづくり技術を活用して、次々とこだわり派の大人たち向けに人気の製品を開発しています。きかっけは10年前、親戚から依頼された木製のスマホケース。出来上がった製品に親戚も大満足、その後商品化に踏み切ると1つ1万円以上するスマホケースがこだわり派の大人に大ウケ!その後も、ブルートゥ―スイヤホンの木製ケースに高級キーボード専用の木製パームレスト等々、次々と高額商品が売れています。
今回は、精緻なものづくりが付加価値となる商品開発のそ~だったのかに迫ります!

そーだったのかポイント1

放送内容写真

大人を魅了するこだわりアイテム

自動車部品などの試作品をつくるための鋳造用木型を製作するカンパニー。木型製作で許される誤差は、わずか100分1ミリ単位。高い精度が求められます。この精緻なものづくりの技術でつくったのが、ブルートゥースイヤホンケース。ふたの幅とカンパニーがつくった木製ケースの内寸との差は0.01ミリ。ピタッとはまり、抜けないのです。さらに、2020年12月に発売したのが高級キーボード専用のパームレスト。こだわり派の大人の中で打ち込みがしやすいと評判なんです。木型職人50年以上の経験を持つ正義さんにより、古くから伝わる技法を使ってひと工夫を加えることで、こだわり派の大人のハートを掴む逸品に仕上げているのです。

そーだったのかポイント2

放送内容写真

コロナ禍での新たな挑戦

新型コロナウイルスの影響で営業活動が思うようできない状態が続いているカンパニー。そこで新たに挑戦したのが、ライブ配信。「商品の細かいところも見てみたい」「作業場の奥も見てみたい」など、細かな要望にも瞬時に応えられ、さらには見てくれている人から、その場で出たアイデアを商品化につなげられると考えたのです。この日は、パームレストの製造風景を見てもらい、カンパニーのセールスポイントである手づくり感をアピール。今後、定期的に行うことで、お客さんと交流が始まることを期待しています。

あなたの町の「気になるかンパニー大募集!」