そ~だったのかンパニー

提供:中国電力

過去紹介した企業のおさらい

今週の紹介カンパニー
紹介企業

ペアコム 株式会社

【所在地】広島県福山市駅家町

ペアコム 株式会社(広島県)

今回は、実に従業員の86%が女性という、広島県福山市で漏電ブレーカーを製造する「ペアコム株式会社」が登場。故障率も低いと業界でも評判らしいのですが、そんな現場を支えているのは女性ばかり。かつては男性も女性も同じ数の人が働いていましたが、10年前にたくさんの人が辞めていったのです。
理由は休みが不規則、やりがいがない。いわれた通りの流れ作業労働に加え、突然やってくる繁忙期に対応するため休みが不規則。これではだめだ!と社長が一念発起。大改革!ではなく、小さな小さなある働き方改革を行ったところ、休みやすい!働き甲斐がある!と口コミで広がりなんと女性の入社希望が増加。ここにそ~だったのか!なヒミツがあったのです。
さらに、職場の一角でゲームにボードゲームに講じる従業員さん。カードにコマに人生ゲームのようですが…片手に電卓?これは一体?就業中にゲーム三昧で働き方改革!?のそーだったのか!に迫ります。

そーだったのかポイント1

放送内容写真

「やりがいと休日を確保㊙仕事術」

全従業員の約86%が女性というカンパニー。なぜ女性が増えたのか?その理由は、「休みやすさ」にありました。当初、製造の現場は、いわゆる専業制。しかしそれだと急な休みの日には、同じ部門の人にだけ負担を強いる事になり、休みが取りにくかったのです。そこで社長が取り入れたのは、全従業員への「技能研修」と、自分がどんな技術を身に着けているかを記した「技能証明バッジ」。カンパニー内の様々な作業が誰でもできるようにしたことで急な休みでも同じ技能を持つ人を探せる様になり、従業員も休みやすくなったのです。また、新しい技術を身に着けることでバッジがもらえ、給料もアップ。休みやすく、そしてやり甲斐もある、とクチコミで広がり、女性の入社が増えていったんです。

そーだったのかポイント2

放送内容写真

「誰もが輝ける職場のつくり方」

カンパニーには、従業員の仕事への姿勢がぐんぐん伸びた、ある取り組みがあります。それが、「マネジメントゲーム」という、経営シミュレーション。カンパニーでは、パートの人も含めて全従業員が定期的にゲームをプレイし、経営感覚を身につけるようにしているんです。また、全従業員が出席する「全体会議」では、カンパニーの最新の経営状態を全て包み隠さず全員で共有します。カンパニーの管理職は、実に60%が女性。しかも、その多くがパートから正社員、そして管理職に昇進した人達なんです。男性も女性も、社員もパートも分け隔てなく活躍するチャンスが与えられている、それがカンパニーの大きな原動力になっているんです。

あなたの街の「気になるかンパニー大募集!」