• おうちでチャレンジ!!
  • わんぱく大作戦
  • わんぱく大作戦
  • わんぱくクイズ

2020年06月26日(金)
【子育て支援シリーズ】カレーの作り置きに、気をつけて。

子どもたちが大好きなカレーライス。カレーを一度に大量に作って、鍋のままコンロの上で寝かしたりしていませんか? 夏になると、カレーのウエルシュ菌による食中毒が頻発しています。「2日目のカレー」で食中毒にならないように、くれぐれも気をつけましょう。

 


○カレーの食中毒の原因菌は、熱に強いウエルシュ菌。
 
自然界に広く存在するウエルシュ菌は、カレーの材料になる肉や魚介類、野菜にも付着していることが多いのですが、夏のカレーの調理過程はウエルシュ菌の増殖に好条件なため、いつも以上に注意が必要です。

ウエルシュ菌は、熱に強い芽胞を形成するため、100℃で加熱しても死滅せず、生き残ります。煮込んだカレーを鍋のまま放置すると、今の時期はなかなか冷めないので、ウエルシュ菌が繁殖する至適温度(43~45℃)となり、死滅しなかった菌が爆発的に増殖するのです。また、ウエルシュ菌は、空気が嫌いな細菌のため、寸胴鍋の鍋底はウエルシュ菌にとって好ましい状態に。カレーがゆっくり冷める過程で、少量のウエルシュ菌が、酸素の少ない鍋底で急速に増殖するのです。このようにウエルシュ菌が多量に増殖したカレーを食べると、6~18時間ほどして下痢や腹痛等の症状が起こります。通常1~2日で治りますが、気を付けたい食中毒です。

 

○カレーの食中毒を防ぐポイントは?
 
ウエルシュ菌による食中毒から家族を守るためには、菌をいかに増殖させないようにするかがポイントです。そのためにも、以下のことを心掛けましょう。
 

 

 

○食中毒を防ぐ6つのポイント
 
家庭での食中毒予防は、食品を購入してから、調理して、食べるまでの過程で、どのように、細菌を「つけない」「増やさない」「やっつける」を実践していくかにあります。

 

 


◎消費者庁「子ども安全メールfrom消費者庁」
 Vol.405 知って安心、食品の注意点 ~カレーや煮物の作り置きに注意~
 (https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/child/project_001/mail/20180614//)を加工して作成。
◎消費者庁「食品安全に関する総合情報サイト」微生物・ウイルス
(https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/food_safety/food_
 safety_portal/microorganism_virus/)を加工して作成。

 

わんぱく大作戦プロジェクト2020 協賛

■主催 わんぱく大作戦プロジェクト2020  【お問合せ】 わんぱく大作戦事務局 TEL082-255-0331(平日9:30~17:30) FAX082-255-0099
■後援 広島県 広島市 広島県教育委員会 広島市教育委員会 広島県医師会 広島県歯科医師会 広島県薬剤師会 広島県看護協会
(一社)広島県子ども会連合会 広島市子ども会連合会 広島県PTA連合会 広島市PTA協議会 中国新聞社