• わんぱく大作戦
  • わんぱく大作戦
  • わんぱくクイズ


参加者の感想
2018 わんぱく農業体験#1
2018 わんぱく農業体験#1・『子どもたちの感想』
体験後の第一声は「楽しかった!!すぐに友達もできた!」でした。もし家族で同じ作業をしたらきっと疲れた、腰が痛いと文句をいいそうですが同世代のお友達と楽しみながら素晴らしい体験をさせていただき感謝しております。次回を楽しみにしています。
広島駅に着いてバスから降りて来た時の顔、車に乗ってじょう舌に、いっしょうけんめいに今日の出来事を伝えようとしている姿を見て、本当に楽しかったんだなと感じました。「次も絶対に行く!」と力強く言っていました。そんな姿を見る事ができ親もうれしくなり笑顔になれた1日でした。カブトムシの幼虫も毎日水やりをし、様子を見ています。
知らない子ばかりなのでどうなることかと思いましたが、お友達もできたようで、とても楽しかったようです。前日は寝付けないくらい楽しみにしていました。田植えのことやお友達とおしゃべりした内容など、楽しそうに話してくれました。スマホの地図の衛星写真で言った場所を探し、田植えをした場所を教えてくれました。夏休みにでも稲の成長を見に行ってみようと思います。田植え~稲刈りを通じてお米や食べ物のありがたさを知ってくれるといいなと思います。このような企画に参加させて頂くことができとても嬉しく思います。次のサツマイモの苗の植え付けも息子共々楽しみにしています。
帰りの車中、疲れて寝るだろうなと思っていたら、田んぼが気持ちよかった、友達ができてこんな話したんよー、など話が止まりませんでした。農業体験だけでなく、色々な方との触れ合いも刺激になっているようです。
お世話になりました。知り合いが1人もいない状況での長時間の活動は今回が初めてでした。初対面の人達とのコミュニケーションのとり方や、困った時の対処法の仕方等、そして農業とは?などなど、いろいろ学んで欲しく応募させていただきました。
今回、田植えについて教えていただいた事を帰り道に話してくれました。
学校の先生や友達にもお話をしたようです。経験が人を作ると思うので、たくさんの友達のお力を借り、貴重な体験をさせていただける事に感謝しております。次回も楽しみにしております。
今回わんぱく農業体験の参加が決定してから、ずっとこの日を楽しみにしていました。田植えは子供にとって初めての体験で、田んぼに裸足で入れるというのも普段の生活の中ではなかなかないことで、オタマジャクシはいるかなぁ?オケラはいるかなぁ?まだカエルはいないかな?と胸を弾ませて出発しました。バスの到着を待っていると、充実した顔でバスから降りて来て、帰りの車中では、「みんなで頑張って稲を植えたよ!暑かったけど楽しかった!途中食べさせてもらったおにぎり美味しかった!友達もできた!」と嬉しそうに教えてくれて、まるで短い冒険の旅から帰ってきたように、一回り成長したように感じ、よっぽど疲れていたのか気が付いたら寝ていました。いただいたカブトムシの幼虫は、帰ってすぐに父親と弟と3人で虫カゴに移し、誇らしそうに弟に説明していました。次回のサツマイモの苗の植え付け、秋の稲刈りやサツマイモの収穫も今からとっても楽しみにしています!!貴重な経験をさせて頂き、ありがとうございました。
田植えを初めてして「最初は足を田んぼの中に入れると、ぬるぬるしてきもち悪かったけど、楽しかった」とうれしそうに話していました。学校以外のお友達ができたので参加して良かった。と話していました。今までは、親と一緒に遊びに行ったり、体験をさせていたけど、今回一人で参加したことにより、成長した子供をみれたように思います。カブトムシも、いっしょうけんめいお世話しています。毎日一日2回必ず様子をみています。
田植えの初体験は娘にとって新鮮で学びの1日となりました。この体験を生かして友達作り・食べ物をどうやって作り、人の口に入るまでの過程をこれからの人生に役立て稲刈りの大変さ、も味わいながら人に伝えていって欲しいと思いました。農家の皆様お世話になります!
1回目の農業体験、とてもすがすがしい顔で帰ってきました。娘は赤ちゃんの頃から人見知りが強く、とても緊張しやすい性格です。そんな娘が自分からわんぱく大作戦に行ってみたい!といったのですごくびっくりしました。2度目の応募でいけることになったのですが、とても楽しみにしていたのだけどその日の朝はものすごく緊張していました。私も心配でしたが子供を信じよう!と思い見送りました。帰ってきた時は朝とは全く違う別の顔。お友達もできて初めての田植え、泥んこになったのも初めて。すごくいい顔で帰ってきました。大げさですが、子供達のやればなんでもできる!という可能性を感じました。2回目からも楽しみにしています。
先日はありがとうございました。人見知りするので前日には「やっぱり行きたくない」と言いだしたりしていましたが、体験を終えて帰ってきた時は満面の笑みで「楽しかった!!」と言っているのを見て初めての場所でも自分の力で切り抜けられるようになったのだと成長を感じました。田んぼの感触などうれしそうに感想を話す様子をみて参加して良かったと思いました。次回以降もよろしくお願いします。
わんぱく大作戦プロジェクト2018 協賛
■主催 わんぱく大作戦プロジェクト2018  【お問合せ】 わんぱく大作戦事務局 TEL082-255-0331(平日9:30~17:30) FAX082-255-0099
■後援 広島県 広島市 広島県教育委員会 広島市教育委員会 広島県医師会 広島県歯科医師会 広島県薬剤師会 広島県看護協会
(一社)広島県子ども会連合会 広島市子ども会連合会 広島県PTA連合会 広島市PTA協議会 中国新聞社