• わんぱくスポーツトライアル 応募はこちら
  • わんぱくサイクリング 応募はこちら
  • わんぱく釣りごろつられごろ 応募はこちら
  • わんぱく大作戦
  • わんぱく大作戦
  • わんぱくクイズ


参加者の感想
2017 わんぱく農業体験 #4
2017 わんぱく農業体験 #4・『保護者の感想』
サツマイモ掘りも楽しみにしていましたが、今回は長い巻き寿司作りもとてもワクワクしていました。どのくらいの長さか、太さか、想像したりギネス記録を調べたり、出発前の車の中でも、とても盛り上がって話をしました。家族だけではできないことを色々体験させてもらって、とてもすばらしい4回だったなと思います。持って帰った新米を食べて「ご飯だけでもすごいうまい!!」と言って茶碗一杯のご飯をそのままパクパク食べてしまった事も感激でした。ご飯そのものの美味しさが分かってくれて本当に嬉しいです。とても嬉しく、楽しく、素晴らしい体験でした!!
今回の芋堀りは、雨の中大変だったようですが、本人は頑張って掘ったと言っていました。また、農家の方々の大変さも理解していました。今回の仲間同士、仲良くなった所で終わりを迎えて残念ですが、良い経験をしたと思います。頂いたお米とサツマイモを家族で美味しく食べました。半年間お世話になりました。スタッフや農家の方々に感謝申し上げます。
全4回のわんぱく農業体験に参加させて頂き、普段気付かないような、新しい発見や大切な事などたくさんの経験が出来たと思います。初めは、ワクワクする反面、一人で大丈夫かな、、、苦手な虫が居たらどうしよう、、、など不安な気持ちもあったようですが、毎回元気よく笑顔で帰って来る姿を見ると一つ一つ自分自身で解決して乗り越えたんだな、、、と嬉しい気持ちになりました。今まではご飯を食べる時に、のりやふりかけなど味をつける事がよくありましたが、4回目の自分達の植えたお米を食べてから「そのまま食べると、甘くてすごくおいしいんだよ!!」と言ってお米本来の味をおいしいと感じられるようになっていました。さつま芋もお米も、おじいちゃん、おばあちゃんに食べさせてあげるんだ~と張り切っています。わんぱく大作戦は娘にとって、一生の宝物のような経験となったと思います。子供達の笑顔は、たくさんの方々の協力や手助けがあったからだと思います。本当にありがとうございました。たくさんの子ども達が笑顔になれる、わんぱく大作戦、この先もずっと応援しています。
わんぱく大作戦の農業体験に参加させて頂き、娘にとってかけがえのない貴重な体験になりました。回数を経るごとに緊張感よりもわくわく感の方が大きくなっていくのが、目に見えて分かりました。娘の特性で迷惑をかけたりしていないかどうか、初めはとても不安で、こっそりついて行こうかと思ったくらい心配でしたが、親の私たちの方も娘の落ち着きに回数を経るごとにすっかり安心して送り出すことができるようになっていました。同じ班の子供達ともすぐに仲良くなって、私の知らない娘の世界ができていました。知っている人が1人もいない環境の中で、よくそこまでなってくれたなぁ~と、娘を誇りに思います。ここまでなれたのも、わんぱく農業体験に関わるスタッフの皆様の温かい見守りと導きのお陰だと心から感謝致します。本当にありがとうございました。いつかまた、この貴重な体験を共にした仲間の子ども達と娘がどこかであえるといいなぁ~と思います。本当にお世話になり、ありがとうございました。
一番楽しみにしていた“芋掘り”は、雨の中でしたが無事にできて、本人もとても満足しているようでした。大きなイモがあったよー!僕が掘ったイモだよー!と主人にも嬉しそうに話していました。4回の農業体験は子どもにとってとてもいい経験になったと思います。グループのお友達やリーダーさんとも初めはぎこちなかったけれど、最後は笑顔でさようならでき、行って良かったー!楽しかったー!と子どもが嬉しそうに話してくれました。参加させていただき本当に良かったです。ありがとうございました。
4回が無事に終わって、大変お世話になりました。サツマイモは、鳴門金時とは思えない程、大きなイモに成長していて驚きました。お米もツヤがあって、甘く、とても美味しかったです。子どもも、雨の中のイモ掘りは大変だったみたいですが、グループの仲間と楽しんで最後まで出来た様です。お米や野菜を収穫するまでは、これ程手間をかけなければならない事が、分かった様子でした。来年も参加できたらいいなと話してくれました。ありがとうございました。
あいにくの天気でしたが、今回も「楽しかった!」と帰ってきました。自分達で植えたサツマイモが、たくさん収穫できて大満足な様子でした。「本当はもう1個大きなサツマイモを取ったんだけど、中にアリの巣ができとったけん、置いてきた」と、お店で買うだけではできない経験もできたようです。前回収穫したお米も自慢気に見せてくれました。お米もサツマイモも、どのように料理して食べようか、楽しみに考えています。全4回、仲良くなった友達と楽しく参加させていただいて嬉しかったです。スタッフ、リーダーの皆さん、子どもたちが喜ぶ食事を用意してくださった方々、稲やサツマイモのお世話をして下さった方々に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。
この度は農業体験に参加させて頂きありがとうございました。生憎の雨でしたが、、、お米とお芋のお土産があり大喜びでした。娘自らがお米を研いで炊いてくれました。炊きあがったご飯は真っ白で艶やかで食べるともちもちで甘くとても美味しいご飯でした。あまりご飯を食べない娘がお代わりしていました。自分の目で見て生育を学んで料理にも興味が出て来た様でご飯に合うおかずも作ってくれました。ケガもなく楽しく学べたのもスタッフの皆様、リーダー、農家の方々のお陰です。感謝致します。この経験がきっと娘の糧になると思います。学んで、楽しめるわんぱくに参加出来て本当に良かったです。
前の日から、楽しみに楽しみにしていたわんぱく大作戦。当日は雨で少し残念でしたが、雨にも寒さにも負けず、楽しんで帰った様で、とてもうれしかったです。朝、集合した時は、緊張していて心配もしましたが、自分でみんなの中に入り、力強くバスに乗って行く姿が頼もしく思えました。大きなサツマイモがたくさん入った袋を抱え、お米の入った袋を肩にかけて、小さな体で一生懸命運んで帰って来た時の顔は満足そうで、たくましくて、本当に参加できて良かったと思います。わんぱく大作戦に参加できたことで、自信になったのか、日常生活も自立が見られる様になりました。大きく成長につながった日でした。ありがとうございました。収穫したサツマイモはスイートポテトにして、おいしく頂きました。
4回目のわんぱく大作戦も終わり、スタッフの皆様、農家の皆様、リーダーの皆様、関係者様、本当に感謝でいっぱいです。4回中2回は雨でしたが、雨の日でも室内で小刀を使って竹を削って竹とんぼを地域の方に手伝ってもらいながら作ったり、自分達で稲刈りをし、とれたお米でおむすびを作ったり、雨の日でもカッパと長靴をはきさつま芋の苗を植えたり収穫したり、ドロドロの泥んこになりながら1つ1つ体験し、それが知識となりました。農業以外にも差し入れがまた愛情がこもっていて、田植えの合間にジュースやおむすびやおはぎ、アユのつかみ取り、お昼も鶏の山賊焼きやとても長~いそうめん流しをして下さいました。とても地元の皆様は自分の家族や孫や身内みたいに扱ってくれたと息子が喜んでいました。そしてスタッフの皆様、集団に早く慣れさせる為にサポートや手助けをありがとうございました。うちの子は来年から「わんぱく大作戦」を学校と共に卒業しますが、ずっとずっと大事な思い出としてこれからの人生の知識となり、大人になっていくんだと思います。ずーーと応援しています。ありがとうございました。
わんぱく大作戦プロジェクト2019 協賛
■主催 わんぱく大作戦プロジェクト2019  【お問合せ】 わんぱく大作戦事務局 TEL082-255-0331(平日9:30~17:30) FAX082-255-0099
■後援 広島県 広島市 広島県教育委員会 広島市教育委員会 広島県医師会 広島県歯科医師会 広島県薬剤師会 広島県看護協会
(一社)広島県子ども会連合会 広島市子ども会連合会 広島県PTA連合会 広島市PTA協議会 中国新聞社