広島ニュースTSS

子育て世代の新型コロナ対策「絶対に感染しないために守りたい行動とは」

05/16(土)  12:00 掲載

新型コロナウイルス感染防止策のポイントは、こまめな「手洗い」です。
子育て世帯が今するべきコロナウイルス対策を専門家に聞きました。

お話を聞いたのは広島大学病院で感染症が専門の大毛教授です。
【広島大学病院感染症科・大毛宏喜教授】
「お子さんはかかってもあまり症状が出にくいと言われている。ただ感染源にはなりうるだろうと言われています。」
「(Qこれから休校になった中で子供がどういった行動をとるべきだと思いますか?)休校だろうがなんだろうが人込みに行かない人込みに行く時はマスクする、普段から手をきちんとあらって顔を触らないようにする。ご飯はちゃんと食べて夜はよく寝る、ずっとしなくてはいけないことは一緒これさえしてけば今回かからないことはもうわかったんです」
「当初は得体のしれない怖い感染症だというイメージでしたけど今はどういう感染症か分かりました。一番大事なのはどうやったらかからないかというポイントなんですけど3密、3密と言っていますけどそれプラス手、手を気を付けて頂いてそしたらまずかかりませんよ」

一方、休校中、身体はしっかり動かしたい子供達はどうしたらよいのでしょうか。
「(Q公園の利用は今も大丈夫ですか?)止める理由はない。密集して近距離でお互いにしゃべる機会が増えるんだったら念のためにマスクはしておいた方がいい、屋外でも」

そして注意するのがおやつなど飲食はしないこと。
【広島大学病院感染症科・大毛宏喜教授】
「食べると何が問題かというと、マスクをはずすじゃないですか汚れているかもしれない手で触る、この2つがリスクがある。(Q改めてマスクの効果はあるんですか?)ありますよ。飛沫が入ってこないわけですから、布だろうがサージカルマスクだろうがここをカバーしておくと人込みに行く時は有効です」

ポイントは3密+手です。こまめな手洗いを心がけてください。そしてマスクは、やはり有効なんですね。

直近のニュース

全力応援!カープファームチャンネル

広島県警察 公式Facebook