行きたがリーノ IKITAGARINO

毎週土曜日よる6時30分~

過去の放送内容2019.03.30 OA

  • 過去の放送内容
  • 行きたがリーノレシピ
  • “行きたがリーノ”紹介
  • 番組へのご意見ご感想
  • IKITAARINOトップ
title

#218

行きたがリーノではこれまで30ヶ国、50人以上の外国人さんをおもてなししてきました! 広島の魅力を伝えて丸5年。 今回で行きたがリーノは最終回を迎える事になりました! 最終回の舞台はパワーが宿る「神の島・宮島」。今回は柴田さんをおもてなしします!

まずやって来たのは「牡蠣祝」。とても眺めの良いこちらで出会ったのはプロのカメラマンでもあるアレックスさん。 今日一日アレックスさんは柴田さんの為だけに写真を撮ってくださるみたいです! おもてなされる側の柴田さんには名札と今日の主役タスキのプレゼント! おもてなしのスタートです!

宮島の数あるパワースポットの中から訪れた先は、1200年の歴史を持つ「大聖院」。宮島最古のお寺として知られ、格式高い場所なんです! ここで待っていたのは行きたがリーノが誇る元気印No.1のブランスキー陽子さん。柴田さんの為にと駆けつけてくれました! 多くのパワースポットが集まる大聖院。その中でもひときわ人気を博しているのが「一願大師」。願い事をひとつだけ叶えてくれるというご利益があると言われています。柴田さんの願い事は、「みんなが笑ってくれますように」。ブランスキーさんと一緒に絵馬に願い事を書いてお願いをしました。仏様にお願いしたあとは、宮島の醍醐味でもある商店街でパワースポット巡りに行きました!

いつもリポーターとしてのセンスが光っていたレイチェルさんが「仁舎」で惚れ惚れするおもてなしをしてくれました! こちらのお店には開運グッズがたくさん置いてあるほか、様々な開運スポットも存在しているんです。福ふぐ蛇口で手を洗い運気アップ!最後にレイチェルさん七福神の熊手を柴田さんにプレゼント!
商店街を歩いていると「博多屋」でベンジャミンさんを発見! できたてのもみじまんじゅうを食べ、幸せ気分のお二人。博多屋には150年の歴史を持つ大杓子があります。現在宮島で見られる最大の杓子なんです!
続いて声をかけてくださった「勝谷菓子パン舗」。柴田さんの運気アップの為に毎日焼き立てのコッペパンに縁起の良いメンチカツを挟んで仕上げた自慢の一品!
そして大学で美術を学んでいるアデリンさんとシシュンさんにも出会いました。柴田さんの為に用意した二人からのプレゼント…それは宮島のしゃもじに柴田さんの似顔絵!

最後にやって来た「まめたぬき」では、ちょっとしたサプライズが! なんとアレックスさん、ブランスキーさん、レイチェルさん、ベンジャミンさん、アデリンさん、シシュンさんが待っていたのです。こちらのまめたぬきで牡蠣の陶箱飯をみんなで食べながら思い出話に花を咲かせていると、都合が付かず、宮島に来られなかったタイ出身のびーむちゃんからビデオメッセージが届き、立て続けに柴田さん宛てに電話が…! 世羅町でぶどうを栽培しているラピアさんから、カナダに帰国中にも関わらず、電話をかけてくれました! またナイジェリアに帰国中のミスター行きたがリーノ・ジョンさんからも電話が!!

たくさんの思い出が詰まった行きたがリーノ、5年間ありがとうございました!

Page Top

Copyright © TSS-TV Co.,Ltd