行きたがリーノ IKITAGARINO

毎週土曜日よる6時30分~

過去の放送内容2015.04.25 OA

  • 過去の放送内容
  • 行きたがリーノレシピ
  • “行きたがリーノ”紹介
  • 番組へのご意見ご感想
  • IKITAARINOトップ
title

#50 初めての海釣り

今回の行きたがリーノさんはナイジェリア出身のジョン・エゼオン。広島に来て9年になるジョン、現在は広島市内で子どもたちを中心とした英会話スクールをしています。アフリカの西にあり、世界でも7番目に人口が多いナイジェリア。ジョンの育った都市ラゴスは年間の平均最高気温が30度を超える暑い国なんです。
前回番組に出演したとき初めての釣り堀を体験したので、今回は広い海で大きな魚を釣ってみたいと、行きたがリーノ号に乗ってきてくれました。そんなジョンの母国ナイジェリアでは魚を手で捕まえる「アルグングフェスティバル」という大会があるそうですよ。

どこでも連れて行ってくれる行きたがリーノ号は、二人を乗せて尾道市瀬戸田町の「しおまち商店街」に到着。どこで釣りができるか、商店街できいてみることにしました。二人が寄ったのは海鮮の干物を取り扱っている鳩野商店。タコの干物がこの地域の特産品で、たくさんのタコの加工品が並んでいます。まだタコを食べたことがないというジョンに、お店の方が焼きたてを作ってくださいました。ナイジェリアではタコを食べる習慣がないんだそうですよ。ここでタコを食べることができてよかったですね。お店の方から、釣りに詳しい別のお店を紹介してもらったので二人はそちらのお店に向かいました。行ってみると息子さんが釣り船をやられているようで、連絡を取ってもらい、息子さんに船を出してもらえることになりました。商店街から移動し垂水港へむかうと、瀬戸田町で釣り船の「秀丸」をやられている新畑さんと釣り仲間の石塚さんが準備をして待っていてくれていました。このお二人は瀬戸内海の魚をよく知る、釣りのスペシャリスト!さっそく船に乗り込みポイントの場所へ連れていってもらいました。釣りが初めてのジョンにも簡単な、海底にいるメバルやカサゴを狙います。エサ付けも始めてのジョンですがみんなの見守る中、イカナゴというエサをつけることができました。初めての釣りなので教えてもらいながら感覚をつかみます。しかし何度かジョンの竿は揺れるのですが、あげてみたときには魚に逃げられていて、アタリは一向に来ず、時間ばかりが過ぎていきます。この日は朝から大雨で、天候も悪くどんどん気温もさがり、釣りをするには厳しい条件だったんです。と、そのとき、ジョンの竿が今までにないほど大きくしなりだし、全員が祈る気持ちでジョンの竿を見つめます。どんな大物が釣れているのか早く見たい!でも慎重に巻き上げなきゃ!一番緊張しているのはジョンです。巻き上げて巻き上げて巻き上……ん??なんじゃこれ!?上がってきたのは魚ではなく、なんと石だったんです。石についているフジツボにひっかかって釣ってしまったみたいです。瀬戸内の海は普段たくさんの魚が釣れるので、今回はちょっぴり残念でしたが最後にみんなで大笑い。気をきかして今朝、新畑さんが大きなタイを釣ってきてもらっていたので、今回そのタイをいただいて新畑さんのお宅でオススメ絶品料理を作ってもらいます。
ジョンは新畑さんの奥さんのお手伝い!タイの身をさばいたり、切り身を炙ってにぎり寿司を作ったり、お手伝いしながらたくさんのことを体験させてもらいましたよ。鮮度を活かしたシンプルかつ豪快なメニューができあがり、試食タイム!どれもおいしくてジョンが思わず「オトルト!」母国語でぶちうまいという意味なんですって。
今回魚を釣ってみたい!と海に出たけど大雨で釣れたのは石ころたったひとつ。でも新畑さんのご厚意で日本の漁師飯をたっぷり堪能することができたナイジェリア人のジョンでした。

突撃外国人さん撮りたがリーノ

イギリス…イサベルさん

公開予定!お楽しみにっ!

Page Top

Copyright © TSS-TV Co.,Ltd