行きたがリーノ IKITAGARINO

毎週土曜日よる6時30分~

過去の放送内容2015.04.11 OA

  • 過去の放送内容
  • 行きたがリーノレシピ
  • “行きたがリーノ”紹介
  • 番組へのご意見ご感想
  • IKITAARINOトップ
title

#48 外国人美女と究極の卵かけご飯&ご飯のお供

今週から6時半にお引っ越しした行きたがリーノ!
そんな一回目に来てくれた行きたがリーノ外国人は、アメリカ出身の美女ローズちゃん。広島に住み始めて5月で2年になるローズちゃんは現在、小学校で英語を教える傍ら休日には趣味でモデルをしたりと大忙しなんです。モデルをした時に着たウエディングドレスに一目惚れし、現在は自分のドレスを作るため、日夜修行中!更に今、日本の食文化にも興味があるローズちゃんは「おいしい卵かけご飯が食べたい」と行きたがリーノ号に乗ってきてくれました。日本に来て卵かけご飯の味と同時に、卵を生で食べるという独自の食文化にとてもびっくりしたそうです。
ということで、究極の卵かけごはんとそれにピッタリな春のご飯のお供を探すことに決定し、たどり着いた場所は広島県の福富町。周りは山に囲まれていて人影もなさそうなのですが、歩いていると車に乗った男性を発見しました。お話しを伺ってみると、こちらの男性はこの地域にお住まいの大久保さん。美女ローズちゃんに少しデレデレの大久保さんですが、なんとおいしい卵のあるところまで案内していただけることになりました。その場所に着いたローズちゃんはびっくり!卵が自動販売機で売られていたんです。実は広島県は卵の生産量が全国4位の産地で、中でも福富町の卵は有名でこのようなかたちでも販売されているんです。ローズちゃんは大久保さんに教えてもらいながら自動販売機で卵を買いました。そして親切な大久保さんはローズちゃんのために、福富町で隠れ家カフェをされている店主の佐々木さんを紹介してくれました。
ここからは大久保さん、佐々木さんと卵かけご飯に合うおかず探しをしに。向かった場所はカフェの周りにある畑です。春の味覚ふきのとうや、ネギ。するとなんと大久保さん、近くに咲いていた椿の花を食べ始めました。またまた驚いたローズちゃんですが、大久保さんに勧められかじってみました。少し酸味のある椿ですが、天ぷらにするとおいしいと教えてもらい収穫!さあ、いよいよ調理開始!と思いきや、なぜか竹林へ…竹とのこぎりを使って、大久保さんはローズちゃんに物作りを体験させてくれました。できあがったものは、竹でできた炊飯ジャー!驚きですよね。この炊飯ジャーや収穫した山菜などを佐々木さんのカフェへ持ち帰り、まずはご飯を炊きます。炊飯ジャーは竹筒の形が熱の伝導に最適とされ、およそ一時間で炊きあがるんです。
その待ち時間二手に分かれ、ローズちゃんは大久保さんのお知り合いに漬物をもらいに、柴田は名産のあるものを探しに行くことにしました。
大久保さんのお知り合いの方のお家はすぐ近くで、すぐにお会いすることができました。漬物をつけるのがとても上手な漬物名人からいただいたのは、白菜漬けと梅ぼし。たくさんありがとうございました。
一方、柴田はどういうわけか建設会社に。尋ねてみると、この場所の名産は原木シイタケということが判明!そしてなんとそのシイタケを使った加工品も絶品とのこと。建設会社を営みながらシイタケを栽培されているようで、そのシイタケで味噌漬けを作られていました。シイタケと味噌漬けをいただき、佐々木さんのカフェに帰るとご飯もちょうど炊きあがり、竹の香りがほのかに香るふっくらとしたご飯の完成です。卵かけご飯には醤油も必要、ということで佐々木さんに教わりながらローズちゃん、特製ダシを作っちゃいましたよ。続いてふきのとう、シイタケ、椿などを天ぷらにしていきます。
みなさんと楽しく調理をし、いよいよ試食です。卵かけご飯をうまい!うまい!とかきこむローズちゃんを見てお二人もニコニコ。このあとも天ぷらや漬物、味噌漬けを「オイシイだよ~」と言いながらたくさん食べたローズちゃん、とても嬉しそうでした。

突撃外国人さん撮りたがリーノ

オーストラリア / ジェイソンさん、マーシーさん

公開予定!お楽しみにっ!

Page Top

Copyright © TSS-TV Co.,Ltd