ここからっ!TSS

Hiroshima Peace Program TSSアーカイブプロジェクト

原爆ドーム~その名に遺されたもの~

いつから“原爆ドーム”と呼ばれているのか

TSS報道特別番組『原爆ドーム~その名に遺されたもの~』(2019年8月6日放送)の英語字幕版を「TSSアーカイブプロジェクト公式ホームページ」「ここからっ!TSSチャンネル」「TSS動画配信サイト ポケットTSS」で、3月30日(月)から世界配信スタート!

TSSアーカイブプロジェクトは、日本人も外国人も同時に視聴できるよう日本語ナレーションに英語字幕を付けて、世界中の方々に、人類が忘れてはならない“被爆地・ヒロシマ”の情報を届けています。
原爆投下から75年を迎える広島。被爆者が少なくなる中、TSSは、これからも広島の放送局として“あの日の事実”を伝え続けていきます。みなさま、ぜひご覧ください。

【ディレクター:前田典郎】

広島市にある世界遺産「原爆ドーム」。その原爆ドームがある平和公園の施設の多くは、「平和の灯」「平和の鐘」など名称に「平和」が付いています。その中にあって、原爆ドームは名前に「原爆」の文字が使われています。それは、なぜなのか。調べてみると、原爆ドームの名称は、いつ誰が名付けたのかは明らかではないことが分かりました。74年前のあの日、何が起きたのか。真実を伝えるために、原爆ドームは建ち続けています。その名には必ず遺されたものがある。そう信じて取材を始めました。

《前田典郎(まえだ のりお)プロフィール》

2006年(株)TSSプロダクション入社。2007年『因島造船物語~撓鉄と生きる人々~』日本民間放送連盟テレビ教養番組部門優秀賞、科学放送高柳記念奨励賞。2012年『あそんでぼくらは人間になる~子どもにとって遊びとは~』ギャラクシー賞テレビ部門7月度月間賞、日本民間放送連盟賞教養部門中国四国審査会優秀賞。2014年『ヒロシマを遺した男~原爆資料館誕生秘話~』日本民間放送連盟テレビ教養番組部門優秀賞、日本放送文化大賞中四国地区優秀賞、ギャラクシー賞上期ギャラクシー奨励賞など、数多くの賞を受賞している。

【スタッフ】

構成
岩井田洋光
プロデューサー
横川慶治
ナレーター
棚田徹
音楽
上垣内寿光
撮影
大原英二
編集
山本憲治、佐々木誠治
EED
須山葉子
MA
講崎友蔵、瀬島敬史
吹き替え
三戸美佳、福田康浩、深井瞬、金田祐幸、加藤雅也
取材音声
倉西正幸、佐伯昌彦
題字
足立栞
CG
TSSソフトウェア
広報
藤井英里子
翻訳
アクアマリンプロダクション
制作協力
TSSプロダクション
このページのTOPへ