広島ニュースTSS

ワクチン3回目接種が加速 広島市内中心部の地下街でも

12/4(土)  19:05 掲載

県内でも新型コロナウイルスのワクチン接種が加速しています。
広島市にある地下街でもきょうから3回目の接種がスタートしました。

3回目の接種が始まったのは広島市中心部にある「紙屋町シャレオ」の集団接種会場です。
広島市では、今月1日から医療機関などで個別接種が始まっていますが、
4日から商業施設などを会場とした集団接種も始まりました。

【宮崎記者リポート】
「3回目の接種を受ける人は、
こちらを首から下げて3回目であることがわかるようにします」

3回目は、2回目の接種から原則8か月以上経っている人が対象となっていて、
4日は事前に予約した5人が訪れました。
市は先月19日に約1万1000人の医療従事者などへ追加の接種券を発送しています。

【3回目接種した人】
「これでもし第6波が来ても安心かなと思っています。
2回目の副反応強くはなかったので3回目も心配はしていないです」

一方、福山市の医療機関でも今月3日から医師や看護師などを対象に
3回目のワクチン接種が始まりました。

この病院では今月17日までに合わせて864人が接種を受ける予定ですが、
副反応による業務への支障がでないよう金曜日に重点的に接種を進めるほか、
同じ部署内で接種日を分散させるということです。

直近のニュース

全力応援!カープファームチャンネル

TSSアーカイブプロジェクト

地域安全情報 広島県警察公式Facebook