2020年8月18日放送分
「目からウロコ?楽しさ倍増!海の生き物たちの観察テクニック」
今回のティーチャー

宮島水族館 赤木 太さん

紹介

宮島水族館は、瀬戸内海の自然や特色を紹介しながら、海の生き物への関心を持てるようにと工夫された水族館
新型コロナウイルスの影響で、館内イベントもできない状況だがさまざまな対策をしている 
SNSで生き物の情報や観察ポイントも紹介しているのでチェック!

◆スナメリ観察テクニック「大きなアクションで興味をひく」
・好奇心があり、面白い動きなどをしている人などをみかけるとついてきたりする
・朝早い時間や閉館間近がオススメ

◆エイ観察テクニック「水族館ならではのえさやりシーンをチェック」
・自然界では、砂の中にいるアサリなどの貝を主食としている
・餌をまくが他の魚に食べられてしまうので、飼育員が手渡ししている

◆チンアナゴ観察テクニック「お食事シーン」
・顔つきが犬の「チン」に似ていることからこの名前がついたと言われている
・とても恐がり。天敵などが来た場合に、身を隠すために入っている
・縄張り争いや、求愛行動、エサがよくくるところを求めたりしたときに泳ぐ
      
◆コツメカワウソ観察テクニック「個体別の性格を知る」
・イタチの仲間カワウソの一種、指に小さな爪があることから、この名前がついている
・現在父親のイロハ、息子のアラタ、2匹のカワウソが暮らしている
息子のアラタはおっとりやさんでマイペース
遊ぶのが大好きですぐにお父さんにちょっかいを出す
父親の「イロハ」は、運動能力が抜群!飼育員が作った遊具も上手に遊びこなす
じゃれてくる息子を上手にあやす優しさも持ち合わせている
鼻の色の違いで区別ができる

みやじマリン 宮島水族館
住所

廿日市市宮島町10−3

営業時間

9:00~17:00
※最終入館時間は16:00

問い合わせ

0829-44-2010

HP

http://www.miyajima-aqua.jp/

満点ママトップへ