tss天気予報





















 

【2018年 12月 10日 午後 6時 03分 更新】



冬型の気圧配置はゆるんできました。
広島県は、雲が多いものの、南部を中心に晴れているところもあります。

今夜(10日・夜)は、県南部を中心に、晴れるところが多いでしょう。

なお、今夜も今朝と同じくらいの冷え込みになります。
内陸部や山間部では、0度未満(氷点下)の冷え込みになるところもあるでしょう。

あす(11日・火曜日)は、気圧の谷が接近、通過する見込みです。
広島県は朝から曇りで、天気は下り坂です。
県西部の早いところでは、午前9時くらいから弱い雨の降り始めるところがあるでしょう。
各地とも、お昼前後には雨が降り出し、午後は全般に雨になる見込みです。

なお、県北部や内陸部・山間部の気温の低い地域では、
雨の降り出し時間が早いと(昼前に降り始めると)、
はじめのうちは「雪」がまじる可能性があります。

この雨はあすの夜には次第に止んでくるでしょう。

日中はあまり気温が上がりません。
各地とも昼間も10度以下で、内陸部では5度位までしか上がらないところもあります。
かなり冷たい雨になりそうです。

その後、13日にかけて「冬型の気圧配置」になります。
気温の低い状態が続きますので、健康管理に十分気をつけてお過ごしください。

◇喜びと笑顔をお届けします◇
 気象(喜笑)予報士 山本 剛弘

TSSプライムニュース
天気コーナー(プライム天気) 月〜金 18時40分前後から


テレビ新広島の気象予報士が独自に発表する、地元密着の気象情報をお伝えしています。
他のテレビ局の予報とは、一味違います!

☆この時間はテレビのチャンネルをTSSに。お願いします!☆