tss天気予報





















 

【2018年 8月 15日 午後 6時 05分 更新】



九州を通過した台風15号は対馬海峡に進み、
午後3時に「熱帯低気圧」に変わりました。

広島県は、南の方から湿った空気が流れ込んできているため、
全般に雲が多く、所々で雨が降っています。

今日は雲に覆われたため、昨日まで続いていた「異常な暑さ」から解放されました。
最高気温は、昨日に比べて5度前後低くなりました。
(それでも、広島市中区では32.2度まで上がりましたが・・・)

今夜(15日・夜)も、広島県は雲が多く、時々雨が降るでしょう。

明日(16・木曜日)は、日本海から前線が南下してきます。
前線に向かって、南から湿った空気の流れ込みが続きます。
広島県では、明日(16日)夕方まで雨が降ったり止んだりの天気が続くでしょう。
広い範囲で大雨になるようなことはありませんが、
広島県の西部や北部では、局地的に強い雨が降る可能性があります。
明日(16日)夕方までは、雨の降り方に気をつけておいて下さい。

17日(金)は、前線が四国の南まで下がり、前線の北側にある乾いた空気が流れ込んできます。
朝の内まで雨の残るところがありますが、日中は天気は回復して晴れてくるでしょう。

週末(土曜日〜日曜日)は高気圧の圏内で、広島県は大体晴れる見込みです。
朝晩は、内陸部を中心に気温が下がり、しのぎやすくなりますが、
日中はまた残暑が戻ってくるでしょう。

◇喜びと笑顔をお届けします◇
 気象(喜笑)予報士 山本 剛弘


TSSプライムニュース
天気コーナー(プライム天気) 月〜金 18時40分前後から


テレビ新広島の気象予報士が独自に発表する、地元密着の気象情報をお伝えしています。
他のテレビ局の予報とは、一味違います!

☆この時間はテレビのチャンネルをTSSに。お願いします!☆