tss天気予報





















 

【2020年 1月 28日 午後 6時 08分 更新】



西日本は、低気圧を含む気圧の谷の中に入っています。
このため、広島県は雲が多く、県北部を中心に雨の降っているところがあります。

今夜(28日・夜)も、気圧の谷などの影響が残りますので、
広島県は全般に雲が多く、県北部を中心に雨の降る所があるでしょう。
気温は高めですので、山間部でも雨が雪に変わることは無い見込みです。

あす(29日・水曜日)は、低気圧は広島県から離れていきますが、
上空に冷たい空気や湿った空気が流れ込んできます。
このため、広島県は引き続き雲が広がりやすく、
県北部では午後を中心に「にわか雨」の降る所が多くなるでしょう。
県南部でも、夕方以降は「にわか雨」の降る所が出てくる見込みです(県西部中心です)。

引き続き、朝の冷え込みは弱いでしょう。
日中の気温も、南部の都市部では10度を超えるところがあり、
この時期としてはまだ気温の高い状態が続きます。

30日(木)は、上空にやや強い寒気が流れ込み、冬型の気圧配置になります。
県北部では雨や雪が降り、県南部でも「にわか雨」の降る所があるでしょう。

今週後半は、これまでに比べると気温が低くなり、
週末以降は冬らしい寒さに戻る見込みです。
気温の変化に気をつけて、お過ごしください。

◇喜びと笑顔をお届けします◇
 気象(喜笑)予報士 山本 剛弘


TSSプライムニュース
天気コーナー(プライム天気) 月〜金 18時40分前後から


テレビ新広島の気象予報士が独自に発表する、地元密着の気象情報をお伝えしています。
他のテレビ局の予報とは、一味違います!

☆この時間はテレビのチャンネルをTSSに。お願いします!☆