tss天気予報





















 

【2020年01月19日 午前05時40分 更新】


西日本付近は、西高東低の弱い冬型の気圧配置になっています。
冷たい空気が流れ込んでいる影響で、広島県は山沿いを中心に雲が広がっています。
きょうは、低気圧が前線を伴いながら日本海を進む見込みです。
前線が近づくため、広島県は昼ごろには全般にくもり空になるでしょう。
また、午後は雨の降る所がある見込みです。
お帰りが昼を過ぎる場合や、午後のお出かけは、折り畳みの傘をお持ちください。
きょうの日中の最高気温は、平野部や沿岸部で11度から12度でしょう。
内陸部は8度くらいの見込みです。
きのうより2度前後低くなりますが、平年より高めの所が多いでしょう。
あすは冬型の気圧配置に戻るため、すっきりとしない空模様になりそうです。
広島県は、南部は晴れたりくもったりの天気、北部では雲の多い天気が一日続く見込みです。

(提供:日本気象協会中国支店)