tss天気予報






















 

【2019年11月17日 午後05時50分 更新】


広島県は、南部で晴れている所もありますが、気圧の谷の影響で雲が多くなっています。
こんやは、高気圧に覆われて南部では大体晴れますが、北部は気圧の谷の影響で雲が多いでしょう。
あすは、南から湿った空気が流れ込み、午後は寒冷前線が西日本を通過する見込みです。
広島県では、あすは全般に雲が多くなり、昼過ぎから夜にかけて雨が降るでしょう。
一時的に雨脚の強まる恐れもあります。
あすの朝の最低気温は、内陸部で8度、沿岸部では10度から14度くらいで、けさより3度から4度ほど高いでしょう。
昼間の最高気温は、内陸部で18度、沿岸部では21度から22度くらいで、きょうと同じか、やや高い見込みです。
平年の気温を4度から5度ほど上回るでしょう。


(提供:日本気象協会中国支店)