第44回FNSチャリティキャンペーン支援国
「ボリビア多民族国」
ボリビア多民族国
2017年度の支援国はボリビア多民族国です。皆様のご支援ご協力を心よりお願いいたします。

*国民の60%が貧困層に属する南米で最も貧しい国の1つ
*特に富の格差が激しく、先住民らが暮らす農村部では貧困率は70%に達する
*貧困から、多くの子どもたちが鉱山や農場での労働に従事している

ボリビアは南米中西部に位置する内陸国で、面積は日本の3.3倍の約110万平方キロ、人口は約1080万人です。
経済は、農業、鉱業産品、天然ガス等の一次産品が総輸出の約80%を占め、国際価格の影響を受けやすい構造ですが、近年は年間4~5%の経済成長をとげています。
亜鉛、鉛、リチウムなどの天然資源が豊富で、日本との関係では亜鉛および鉛の主要な輸入先国の一つとなるなど、貿易経済関係も深まっています。
経済成長が軌道に乗りつつある一方で、富の不平等な分配が長く続き、今日でも南米で最も所得格差が大きい国です。
国民の60%以上が貧困層に属し、南米で最も所得水準の低い国の一つです。

最も深刻な社会問題の一つが児童労働です。
現在ボリビアでは、家計を助けるために約50万人の子どもが路上の靴磨きや露店などで働いてたり、農場や鉱山などでの労働を強いられています。
働く児童のうち、14歳未満が58%にのぼります。
2014年に子どもと青少年の保護に関して新たな法律が制定され、経済的搾取や教育を妨げる労働などから子どもを守らなければならないと定められました。
しかし一方で、12歳の子どもでも保護者の同意があれば働けること、
また10歳にしかならない子どもでも自営であれば働けることを
法律の適用除外として認めている点について、ユニセフが憂慮を表明しています。

そこで、FNSチャリティキャンペーンでは、2017年度の募金活動の支援国を
“ボリビア多民族国”とし、一人でも多くの子どもたちを救うことを目的に
支援活動をおこなっていきます。
ボリビアの子どもたちの笑顔を守るために、皆様のご理解とご支援をお願い
致します。

FNSチャリティキャンペーンシンボルマークは、イルカさんが描いた天使、“SORAちゃん”です。

FNSチャリティキャンペーンのリーフレットなども各所で配布しています。

FNS公式サイトはコチラ

募金方法
銀行振込

銀行口座:広島銀行 段原支店(普)0729663

口座名義:テレビ新広島チャリティ係

募金は寄付金控除の対象となります。領収書が必要な方は事前に下記事務局までお問い合わせください。

FNSチャリティキャンペーンは

1974年にフジテレビを中心としたFNS系列28局が、放送事業の公共的使命と社会的責任を果たすことを念頭に置き、国際社会への貢献活動の一つとして、公益財団法人日本ユニセフ協会と協力して発足しました。 年度ごとに支援国を定めテレビやインターネットを通じて全国に募金を呼びかけています。