夫の死因は「出血性ショック」と判明 夫の遺体を遺棄した疑いで妻を送検 広島・江田島市

6/11(火) 18:30

江田島市の住宅に夫の遺体を遺棄したとして妻が逮捕された事件で、遺体の司法解剖の結果、夫の死因は「出血性ショック」であることが分かりました。

11日朝、死体遺棄の疑いで送検された江田島市沖美町美能の無職・和田澄子容疑者(76)は9日午前5時から午後3時までの間、和田容疑者の自宅で同居する夫の道則さん(74)の遺体を遺棄した疑いが持たれています。

これまでの警察の調べで道則さんの遺体には出血を伴う傷が複数あったことが分かっています。
事件当時、和田容疑者は遺体があった部屋とは別の部屋で倒れていて軽いけがをしていました。

捜査関係者によりますとこれまで警察に夫婦間のトラブルなどの相談はなかったということです。
また司法解剖の結果、道則さんの死因は「出血性ショック」であることが分かりました。
現場には刃物のようなものが落ちていたということで、警察は殺人事件の可能性も視野に慎重に調べています。