梅雨の季節 あじさい祭り始まる 広島・府中市 神宮寺

6/11(火) 12:03

梅雨の季節に入り「あじさい寺」として親しまれている府中市の神宮寺ではあじさい祭りが始まりました。

府中市栗柄町にある神宮寺は地元で「あじさい寺」とも呼ばれていて梅雨の季節を迎えるこの時期から毎年、色鮮やかなアジサイが咲き始めます。
神宮寺の桑田(くわだ)住職によりますと境内にはおよそ80種類、3000株のアジサイが植えられていて、6月中旬にかけて満開へ近づいていくということです。

(訪れた人は)
「満開になったらすごいですよね。また、来年とか、タイミングがあえば、来てみたいと思います」

(神宮寺・桑田雅仁住職)
「境内から参道から、いろんな種類のアジサイがこれからどんどんキレイに花咲いていきますので、みなさんぜひお越しください」

神宮寺の「あじさい祭り」は今月30日まで開かれています。

※桑田住職の「桑」は俗字の「くわ」