尾道市職員と土木建築会社元社長を逮捕 道路改良工事の入札情報漏らした疑い 官製談合防止法違反容疑など

5/15(水) 18:24

尾道市が発注する道路改良工事の一般競争入札で予定価格を業者に漏らしたとして、県警は官製談合防止法違反などの疑いで尾道市土木課の職員らを逮捕しました。

逮捕されたのは尾道市土木課の専門員、高橋宏和容疑者(51)と尾道市栗原町の土木建築会社の元社長、大崎一義容疑者(58)です。

警察によりますと2人は共謀して、尾道市が発注した道路改良工事の一般競争入札をめぐり去年5月ごろ、高橋容疑者が大崎容疑者に最低制限価格を算定する基準となる工事費の内訳金額が記載された設計書を交付し大崎容疑者の会社に不正に落札させた疑いが持たれています。

警察は捜査に支障があるとして、2人の認否を明らかにしていません。
警察は事件の経緯などを詳しく調べています。