原爆死没者名簿の「風通し」 初めてネットでライブ配信も 広島市

5/15(水) 11:53

広島市の平和公園では、原爆慰霊碑に納められている原爆死没者名簿の湿気を取り除く『風通し』が15日朝、行われ今年は初めてその様子がインターネットでライブ配信されました。

原爆慰霊碑では原爆投下時刻の午前8時15分に合わせ広島市の職員が黙とうをささげました。
この後、名簿の状態を確認しながら、現在ある125冊、合わせて33万9227人の名前が記された名簿に1ページずつ風を通しました。

【野川アナ】
「晴天の下行われている今年の風通し作業です。この様子を平和公園のすぐ近くの本川小学校の子供たち5年生が見学に来ています」

広島市は子供たちに平和学習の学びを深め慰霊の思いを感じてもらおうと、2011年から小中学校に対して「風通し」の見学を呼び掛けていて、遠方の学校に考慮し今年は初めてその様子をライブ配信しました。
15日の映像は来月中をめどに広島市公式YouTubeチャンネルで配信されます。