広島ニュースTSS

「広島みはらプリン」特産のタコ、イチゴ…地元食材をプリンに 三原の魅力を全国発信 

8/5(金)  18:08 掲載

三原市の食材を使ってまちおこしの一助にしようと、プリンの新しい魅力を伝えるプロジェクトが始まりました。

JR三原駅のコンコースで5日から販売が始まった「広島みはらプリン」。
プリンといっても、甘〜いデザートプリンだけではなく、三原特産のタコなどが入った総菜系のプリンもあります。

プロジェクトは、三原市の食材を親しみやすいプリンにして全国に発信しようと、市や商工会議所など官民でつくる実行委員会が始めました。
現在は、市内にある飲食店やケーキ屋などが開発した48品が「みはらプリン」に認定され、各店舗で販売されています。

(買った人は)
「タコとイチゴと米粉のプリン買いました。見たことないプリンやから3つ買った」
「きのう三原プリンを他の店で買おうとしたら売り切れていた。何種類もあるので選ぶのに迷いました」

(広島みはらプリンプロジェクト・星野佑介さん)
「プリンをきっかけに三原に来たいと思っていただいて、JR三原駅で買っていただくのもそうですし、他の店にも足を運んでほしい」

この「広島みはらプリン」、JR三原駅では毎週金曜日、土曜日、日曜日に販売しています。

直近のニュース

全力応援!カープファームチャンネル

TSSアーカイブプロジェクト

地域安全情報 広島県警察公式Facebook