広島ニュースTSS

高校生がダンスや演劇を通して交流 広島・安芸高田市

8/5(金)  11:04 掲載

県内の高校に通う海外出身の人や帰国生などが集まり、ダンスや演劇を通して交流する合宿が安芸高田市で4日から始まりました。

安芸高田市で始まった「パフォーマンス合宿」には中国やブラジルなど海外にルーツをもつ生徒や多文化共生に関心のある高校生などおよそ30人が参加しました。
初日の4日は広島出身で現在はニューヨークで活動する舞台俳優の森永明日夏さんらが講師となり、全身を使った自己紹介ゲームなどに汗を流していました。

合宿を主催した「国際文化フォーラム」はグローバル化に伴って学校や地域で多言語や多文化が共存する中、子供たちの創造性を高める事業を行っていて県内での合宿は今回が初めてです。

【吉田高校2年・竹岡英愛名さん】
「ここにいるみんなと仲良くなれたら」

【バングラデシュ出身 呉青山高校3年・二リマ・ホサインさん】
「皆と友だちになりたいなと思いました」

最終日の今月7日には合宿の成果を劇にして発表会で披露する予定です。

直近のニュース

全力応援!カープファームチャンネル

TSSアーカイブプロジェクト

地域安全情報 広島県警察公式Facebook