広島ニュースTSS

駐日ロシア大使 原爆慰霊碑に参拝 平和記念式典に招待されず 

8/4(木)  11:45 掲載

ウクライナ侵攻をめぐりロシアが核兵器の使用を示唆したことなどから6日の平和記念式典に招待されていないロシアの駐日大使が4日朝広島市の原爆慰霊碑に献花しました。

午前10時ごろ広島市の平和公園を訪れたロシアのガルージン駐日大使は慰霊碑に献花し、原爆の犠牲者に祈りを捧げました。

6日の平和記念式典を主催する広島市はウクライナに侵攻し核兵器の使用を示唆したロシアとロシアを支援するベラルーシの大使に招待状を送りませんでした。

【ガルージン駐日ロシア特命全権大使】
「(アメリカが行った)原爆という戦争犯罪の犠牲者の方々(のために)私がこの広島平和公園によって献花します」

ガルージン氏は松井市長への表敬訪問などは行わず、4日午後ロシア大使館と右翼系団体が主催するシンポジウムで核軍縮の現状について講演する予定です。

直近のニュース

全力応援!カープファームチャンネル

TSSアーカイブプロジェクト

地域安全情報 広島県警察公式Facebook