広島ニュースTSS

thank you for zero #110「意志をもって何にでもチャレンジしてほしい」 坂本家

1/13(木)  18:03 掲載

TSSでは、赤ちゃんが生まれたご家族から応募をいただき、『はじめてばこ』をお届けしています。今回、はじめてばこをお届けしたのは、広島市南区の坂本さん一家です。

生後5ヵ月の歩生(あお)ちゃんは、2021年7月23日に、体重3274グラム、身長51センチで誕生しました。

お母さんの彩乃さんは、歩生(あお)という名前の由来について
「自分の意志で道を選んで、夢に向かって、少しずでもついいから努力を積み重ねることができて、明るい人生を歩んでほしいなと思ってつけました」
と教えてくれました。

そんな歩生ちゃんは2番目の子供ということもあり、
「寝返りが早かったりと成長スピードが早いです。
なんとなくしっかりしているんじゃないかなとは、主人とも話しています」
とお母さんは目を細めて話してくれました。

歩生ちゃんの最近の『はじめて』は、「はじめての離乳食」です。
取材の前日に離乳食を初めてばかりで
「自分から口をもっていく感じでちょっと食に興味をもってきたかなという感じで希望は持てました」
と離乳食を作るお母さんもうれしそうです。

歩生ちゃんには、2歳になるお兄ちゃんの隼くんがいます。
「お兄ちゃんは、最近は、はぐしたり、チューをしたり、すごく妹として迎えいれている感じがしてほほえましいです。
お兄ちゃんは妹を守って、いつまでも仲良く、何でも話せる関係でいてくれたらと思います」
とお母さんは想いを馳せていました。

最後に、『20歳の歩生ちゃんへ はじめての手紙』です。
「20歳になった歩生は、どんな女性になっているかな?
これからの人生、今まで以上に選択の連続で、時には悩み迷うこともあると思うけど、自分の意志で道を切り開いていってね。
そこでどんな時でも、「ありがとう」の感謝の気持ちと 笑顔を忘れず素直な歩生でいてね。
パパとママはいつでも歩生の一番の味方だよ。
生まれてきてくれてありがとう」

『意志をもって 何にでもチャレンジしてほしい』




直近のニュース

全力応援!カープファームチャンネル

地域安全情報 広島県警察公式Facebook