広島ニュースTSS

中東派遣の海自護衛艦「さみだれ」引き返す 20代の男性隊員1人が新型コロナ感染 呉

1/12(水)  19:10 掲載

出港したばかりの海上自衛隊の護衛艦で隊員1人が、新型コロナウイルスに感染していることが判明し、護衛艦が一旦、基地に引き返していたことがわかりました。

護衛艦「さみだれ」は中東で海賊対処などにあたるため、今月9日に呉基地を出港しました。

統合幕僚監部によりますと、11日、20代の男性隊員が発熱し抗原検査の結果、陽性が確認されたということです。

「さみだれ」は日本近海で停留していましたが一時的に基地に引き返し、陽性の隊員のほか濃厚接触の疑いの3人が海上自衛隊の施設に隔離されました。海上自衛隊は感染経路を調べています。

直近のニュース

全力応援!カープファームチャンネル

地域安全情報 広島県警察公式Facebook