広島ニュースTSS

全国知事会が緊急オンライン会議 「オミクロン株の知見の共有を」国に求める

1/12(水)  18:01 掲載

全国的な新型コロナの感染拡大を受けて、12日緊急の全国知事会が行われ、市中感染が広がるオミクロン株への知見を共有するよう国に求めました。

【広島県・湯崎英彦知事】
「気が付かないうちに、あっという間に広がっていると思ってもらうのがまず必要。早いタイミングでとにかく抑えないと、あっという間に病床がひっ迫すると思ったほうがいい」

オンラインで開催された全国知事会の緊急会合では、各地で市中感染が広がるオミクロン株への感染防止に全力をあげることを確認しました。

この中で、国に対し、オミクロン株の重症化リスクや、ワクチン・治療薬の有効性などを分析し、自治体に共有するよう求めています。

湯崎知事は会合の中で、「普通の対策では感染は止まらないと思った方がいい」と警鐘を鳴らしました。さらに、重症者が少ないと言われていることについても、「高齢者施設などに感染が増えると、その時に重症者が増えるのではないか」と指摘しました。

直近のニュース

全力応援!カープファームチャンネル

地域安全情報 広島県警察公式Facebook