広島ニュースTSS

オミクロンに感染したら…「ワクチン接種」の有無で変わる退院時期 広島

1/7(金)  18:40 掲載

感染の拡大が懸念されるオミクロン株、感染した人に対し県はどういう対応をとっているのでしょうか?

オミクロン株感染の症状により入院もしくはホテル療養、やむをえない場合は自宅待機、というところはこれまでのデルタ株などと同様です。

ただ退院の基準はワクチンを接種しているかしていないかで異なります。ワクチンを2回接種している場合は、症状が無くなって、10日後に自宅へ戻れます。

一方、未接種の場合は症状が無くなって、PCR検査で陰性が2回出てからの退院となり、個人差もありますが、長い人はおよそ1カ月かかる人もいるということで、こうしたところでもワクチン接種の違いが出てくるということです。

※現在、感染者が急拡大しているため、自宅療養などの対応に変更されています

直近のニュース

全力応援!カープファームチャンネル

地域安全情報 広島県警察公式Facebook