広島ニュースTSS

広陵高校、惜しくも準優勝 東京・明治神宮野球大会

11/25(木)  18:05 掲載

高校野球です。東京で行われた明治神宮野球大会、高校の部決勝、初優勝を狙った中国地区代表の広陵高校ですが、惜しくも敗れ準優勝に終わりました。

初優勝を狙う広陵、決勝の相手は近畿代表の強豪、大阪桐蔭、中盤までに8点のリードを奪われた広陵ですが、5回ウラ、ヒットとツーベース、フォアボールでノーアウト満塁のチャンスを作ると、3番・内海。ファーストゴロの間にまず1点を返します。

続く4番・注目の1年生真鍋。ボテボテの当たりでしたが、これが内野安打となり2点目を奪います。
さらに5番・田上。センターにはじき返すタイムリーヒットで8対3とします。
さあ、反撃はまだまだ続きます。

満塁から7番・大山の当たりはショートへの内野安打、これで8対4と4点差、さらに8番・キャプテンの川瀬。ライトへの大きな当たり、この当たりが犠牲フライとなってこの回、5点を奪い一気に3点差に詰め寄ります。

6回に1点を奪われますが、そのウラ、ツーアウト2塁のチャンスで4番・真鍋。左中間への当たり、あと少しでホームランかというフェンス直撃のタイムリーヒットで9対6、しぶとく大阪桐蔭に追いすがります。

しかし7回、9回と終盤にも失点を許した広陵、4点を追いかける最終回でしたが、最後は代打・谷本がレフトフライに倒れゲームセット、11対7で大阪桐蔭に敗れ神宮大会、初優勝とはなりませんでした。

直近のニュース

全力応援!カープファームチャンネル

地域安全情報 広島県警察公式Facebook