広島ニュースTSS

オタフク「おうち時間」が追い風 お好み焼き粉・ソース販売好調 広島

11/25(木)  17:54 掲載

内食需要や海外の日本食人気でお好み焼きの粉などの販売は好調です。

【オタフクソース・佐々木孝富社長】
「海外が高伸長、高利益を出しました」

オタフクソースを中核とするお多福グループ9社の2021年9月期の連結売上高は、前の年の同じ時期と比べ2%増加しおよそ270億円となりました。

新型コロナウイルスの影響で外食産業が苦戦する一方、「おうち時間」の充実などいわゆる「内食需要」が増加し、お好み焼きの粉やソースなどの販売が好調だということです。

また、海外では日本食人気の追い風もあり、アメリカや中国での売り上げが好調で、海外向けの商品販売を強化するとしています。

お多福グループは来年9月期の連結売上高を278億7000万円、5年後の2026年9月期は323億円を計画しています。

直近のニュース

全力応援!カープファームチャンネル

地域安全情報 広島県警察公式Facebook