広島ニュースTSS

古葉竹識さん「家庭に勝負事を持ち込まない、優しい父だった」長男・千雄さん

11/17(水)  14:20 掲載

ここにある1枚の家族写真。今月12日に亡くなったカープ元監督・古葉竹識さんが若かりし頃、家族と一緒に撮影された1枚だ。古葉さんは、奥様と3人の男の子に囲まれ穏やかに微笑んでいる。

写真の左端に映っているのが長男の千雄(かずお)さん。千雄さんは父親である古葉竹識さんについて「勝負事を家に持ち込まない、本当に優しい父だった」と述懐する。

千雄さんら兄弟3人は、優しいお父さんのことが大好きで、カープの試合が終わって帰宅する父をいつも玄関先で出迎えた。試合に勝った時は「おう」、試合に負けて「残念だったね」と声をかけても「おう」と答えるだけ。グラウンドの勝負事を決して家に持ち帰ることはなかったという。

勝負に厳しい名将がみせる、優しく穏やかな笑顔。
古葉竹識さんの葬儀は16日、近親者のみで執り行われ、千雄さんたち家族が優しかった父を見送った。

直近のニュース

全力応援!カープファームチャンネル

地域安全情報 広島県警察公式Facebook