広島ニュースTSS

県選管「選挙の7つ道具」を確認 衆院選迫る19日公示

10/12(火)  18:06 掲載

衆院選を前に県選挙管理委員会は12日、立候補者が選挙活動をするのに必要な「選挙の7つ道具」の確認を行いました。

「選挙の7つ道具」は、街頭演説で掲げる旗や運動員がつける腕章など「公職選挙法」で定められた選挙活動に必要なもので、公示日に各陣営に渡されます。
確認作業では、職員が印字された文字に誤りや汚れがないか一つひとつ入念に確認していました。

県選管は、今回「選挙の7つ道具」を55セット準備しているということです。

【県選管・上平毅事務局長】
「若い方の投票率が低いということが続いているので、投票に行っていただければと思っています」

衆院選は今月19日に公示、31日に投開票が行われる予定です。

直近のニュース

全力応援!カープファームチャンネル

地域安全情報 広島県警察公式Facebook