広島ニュースTSS

誤ってワクチン3回接種 高齢者施設の入所者 広島・府中町

9/13(月)  19:17 掲載

府中町は、高齢者施設の入所者1人に新型コロナのワクチンを誤って3回接種したと発表しました。

府中町によりますと、3回ワクチンを接種した入所者は、5月24日と6月14日に、一時的に入院していた医療機関でワクチンの接種をしました。

しかし、退院後の先月18日、高齢者施設で3回目の接種を受け、今月8日に4回目の接種を行う前に、家族と施設との連絡の中で重複接種に気が付いたということです。この入所者の健康状態に変化はありませんでした。

府中町によりますと接種券が誤って自宅と高齢者施設へと二重に発行されていたことが原因で、調査の結果、町内に同様の事案はなかったということです。

直近のニュース

全力応援!カープファームチャンネル

地域安全情報 広島県警察公式Facebook