広島ニュースTSS

高校生にドローン講習会 農業分野での活用すすむ 福山市

9/13(月)  18:26 掲載

農業の次の世代を担う若者たちに農作業を効率化するドローンの最新技術を知ってもらおうと福山市の高校で講習会が開かれました。

福山市の県立沼南高校で実施されたドローン講習会には農業を専門的に学んでいる生徒たちが参加しました。
無人で上空を飛行できるドローンは、農地の点検や広範囲への農薬散布など農業の分野でも活用が進んでいて、13日はその最先端の技術を生徒に知ってもらおうと企画されました。

生徒はドローンの基本的な知識を講師から学んだほか、実際に操縦を体験したり農地の点検を見学したりなどしてその技術に触れていました。

【生徒は】
「やっていくうちに安定感とかわかってきて楽しかったです」
「これからの農業に期待ですね。もっと質のいい野菜作れたりするんじゃないかと思って。めちゃめちゃいい体験でした」

この学校では今後も毎年ドローンの講習会を実施していく方針です。

直近のニュース

全力応援!カープファームチャンネル

地域安全情報 広島県警察公式Facebook