広島ニュースTSS

精巧な描きこみで世界的に活躍 広島のデザイン会社に潜入【後編】

7/27(火)  19:06 掲載

※【前編】から続く
今回、大木こだま師匠と西山アナウンサーがやってきたのは、広島市にあるIC4デザイン。国内はもちろん、世界で活躍しているデザイン会社です。

【IC4デザインカミガキヒロフミ代表・大木こだま師匠・西山アナ】
「制作スタッフ集合!ちょっとこちらに、すいません。世界を股にかける会社5人でされているんですか?」
「やろう思うたらできるもんやねんな」
「ねえ!今その制作している過程で形になっているものってあるんですか?」
「最近私と今村の女子スタッフで新しい本を出版したんです。」
「あら、えーかわいい」
「にんちゃくん?」
「私が文章を書いて、彼女がイラストを描いた」
「この絵はあんたが描いたん?」
「はい」
「あんた紫が好きやねんな」
「合わせてきました」
「合わしてきたん?わざわざなるほどな」

3ヒントクイズ、『にんちゃくん』は、4月に発売された幼児用の絵本です。その名の通り。3つのヒントからどの挿絵を言っているのかを当てます。

【IC4デザインカミガキヒロフミ代表・大木こだま師匠・西山アナ】
「ちょっとやってみたいですね、これにんちゃくん」
「きょう実は特別な問題を作ってきたので」
「あらあら」
「え?かわいい」
「大木こだま親子はドレだというヒントが3つ」
「ちょっと待ってください。それより私今、描いてもらったことの感動が強すぎて、全然入ってこないヒントが…」

それでは3ヒントクイズ、『にんちゃくん』特別編大木こだま親子はドレだ?3つのヒントでどの挿絵のことを言っているか当てましょう!

【IC4デザイン杉さん・大木こだま師匠・西山アナ】
「1番(のヒントは)はメガネはかけていません」
「じゃあ、ここは違う。」
「これはブー!や。チッチキチーをしています。ん?これしてないな」
「してない」

ヒントから残ったのがこの2つ…3つ目のヒントは…『名前の由来になったものを持っています。』とのこと。

【IC4デザイン杉さん・大木こだま師匠・西山アナ】
「じゃ、これですか?」
「正解です」
「うわー、芸が細かい」
「よう、知ってたなこんなん。今まで僕を描いてくれはった、これがもう最高、ベストドレッサー賞やわ。目を思いっきりたれ目にしてあってね、唇がブワーって描いてな。そういうのが多いけど、これはもう完全にジャニーズ系やもんな」
「なんか二宮君の髪形を意識して…」
「そうや、そうやわ。よう知ってんな。あの髪形をするのに毎月2万5千円かかってんで」

さらに、世界で発売されている絵本もあるそうで…

【IC4デザインカミガキヒロフミ代表・大木こだま師匠・西山アナ】
「探偵ピエールという絵本を作っておりまして」
「おーー!」
「これは迷路と絵探しが一緒になったような絵本でして、ピエールがここにおって。ここにゴールが。ここに怪盗Xって言うんですけど、ここへ向けて怪盗Xの所までたどり着こうという…」

迷路探偵ピエールは世界32か国以上で販売され、80万部以上売りあげたヒット作品です。

【IC4デザインカミガキヒロフミ代表・大木こだま師匠・西山アナ】
「実はこれがこの夏ゲーム化されたんです」
「お!ゲーム化!よし、ゲームでちょっとチャレンジしましょうよ」
「ゲームうまいからな」
「そうそうそう、ゲームはやっていますので」

自信満々の西山さんですが、パソコンのゲームはほとんどやったことはありません。

【IC4デザインカミガキヒロフミ代表・大木こだま師匠・西山アナ】
「よし!ではゲームスタートです」
「今戻るを押した」
「あ、ホントですか、あれ?」
「お前、知っとるようで知らんな〜」
「あれ、今すっごい決めたんですけど…では仕切り直しまして。ゲームスタートです」

ゲームも基本的に絵本と同じで迷路を駆け抜け、怪盗Xの元へたどり着くとゴールです。しかし、最大の違いはカミガキさんが描いたキャラクターが動くこと…絵本の世界観が見事にゲームでも再現されています。

【IC4デザインカミガキヒロフミ代表・大木こだま師匠・西山アナ】
「さっき見た絵が動いていますね」「ゲームの世界に入ったような感じでしょ」
「ね、ほんと。散歩っていうのが分かりますね」

ゲームは迷路に隠された宝物を集めたり、仕掛けを解き明かしたりしながら、怪盗Xを目指します。とそこへ…

【IC4デザインカミガキヒロフミ代表・大木こだま師匠・西山アナ】
「この絵をまっすぐにしてくれない?」

歪んだ額縁をまっすぐにしてほしいというミニゲームが発生!師匠クリアできるかな?

【IC4デザインカミガキヒロフミ代表・大木こだま師匠・西山アナ】
「まっすぐなりました。ここでこの辺全部…」
「これをまっすぐやな?」
「あれ、今度こっちが動いた」
「なにをすんのや。どういうこと?」

これぞシロクマミッション。額縁をまっすぐに直すと、他のところが傾くという、仕掛けです。一定の順番で額縁を直すと解くことができるようになっているんですよ。

【IC4デザインカミガキヒロフミ代表・大木こだま師匠・西山アナ】
「斜めになった。あ、そろった?そろってないか。お!」
「どうです?」

こうして仕掛けられた謎を解き、怪盗Xの元にたどり着くと、1面クリアです

【IC4デザインカミガキヒロフミ代表・大木こだま師匠・西山アナ】
「ついたー。イエーイ。待ちくたびれたって」
「これあの、こういう(コントローラー)あったら楽やねんな」

師匠お任せください。そういう要望にも答えて、何と今月、任天堂スイッチ版も発売されたんです。

【IC4デザインカミガキヒロフミ代表・大木こだま師匠・西山アナ】
「ワールドワイドで活躍するこちらの会社どうでした?」
「まさにねもう夢の缶詰やな。ちょっと開けると中が見えて、その中がいかにも楽しいから自分も入っていきたくなるような。絵本には絵本の良さがあり、またゲーム機にはゲーム機の良さがあり、本当に今日はチッチキチー」

直近のニュース

全力応援!カープファームチャンネル

地域安全情報 広島県警察公式Facebook