広島ニュースTSS

4連休初日 暑さの中ビーチ、動物公園…県内各地でにぎわい 広島

7/22(木)  17:40 掲載

4連休がスタートしました。広島県内では気温が上がり、暑い一日となりました。海水浴場には大勢の人が訪れるなど、各地でにぎわいを見せています。

【胡子記者】
「朝からギラギラと太陽が照りつけています。連休初日のきょうは絶好の海水浴日和ということで、みなさん水遊びを楽しんでいます」

本格的な夏が到来し坂町にあるビーチでは、泳いだり、砂遊びをするなど「海の日」を満喫する人たちで賑わっていました。

【海水浴に来た人は】
「きもちいい!」「楽しい」「子どもが海が初めてなので、いい経験をさせてあげられてよかった」

県内では22日も朝から気温がぐんぐん上がり、最高気温は福山市で34・2度、広島市中区で33・5度など厳しい暑さとなりました。
また、海の家では感染対策をしながら営業していて、暑いときに欠かせないかき氷を、子どもたちは嬉しそうにほおばっていました。

【梅田記者】
「連日の猛暑が辛いのは人間だけではありません。動物たちも日陰に入ってぐったりしています」

広島市安佐南区の安佐動物公園で美味しそうにスイカを食べているのは、サルの一種で、主にアフリカのサバンナなどに生息している「アヌビスヒヒ」です。
安佐動物公園では、暦の上で一年で最も暑いとされる二十四節気の一つ、「大暑」にちなみ、暑中見舞いとして「アヌビスヒヒ」にスイカをプレゼントました。

【訪れた人は】
「なんかおいしそうだった」
「なかなか機会がないので、実際に食べているところを、見させてあげられてよかった」

【アヌビスヒヒの飼育係・南方延宣】
「少しでも楽しいおもしろいものを見ていただいて、すっきりしていただければ」

一方、今月17日から広島市で開かれているユニークなイベントでは…。

【宮崎記者】
「こちらのスペースでは、カラフルなうんこと一緒にSNS映えする写真を撮ることができます」

会場ではきょう午前、来場1万人突破を記念したセレモニーが行われ、1万人目となった来場者には、マスコットの「ウンベルト」からパネルと記念品が渡されました。

このユニークなミュージアムは、「うんこ」をテーマにした最先端のアミューズメント空間となっていて、巨大オブジェから飛び出すアトラクションや、写真撮影スポットの「ウンスタジェニック」などのスポットがあり、多くの子供たちが楽しんでいました。

【来場者ON】
「たのしい、また来たい」「面白い、たのしい」

イベントは9月12日まで開催されています。

直近のニュース

全力応援!カープファームチャンネル

広島県警察 公式Facebook