広島ニュースTSS

「働きがいのある会社」住宅リフォーム会社が県内初認定 広島

7/22(木)  12:31 掲載

広島県内ではじめて専門機関から「働きがいがある会社」の認定を受けた住宅リフォーム会社の代表が、湯崎知事を表敬訪問しました。

県庁を訪れたのは住宅リフォームなどを手がけるマエダハウジングの前田社長で、働きがい認定の専門機関の代表もオンラインで参加しました。
認定は会社へのアンケートと全従業員へのアンケートをもとに行われ「地域社会に貢献している」「部門を越えてなじみがある」「雇用が守られている」などの社員の実感が高く評価されたということです。

【マエダハウジング・前田政登己 代表取締役】
「一番生産性が上がるのは働く社員のやりがいだと思っています。関わるみんなが幸せになるためには一人一人が自発的に主体的にやりがいを持って働くっていうのは一番大きいかなと思っています」

働きがいのある企業の認定に向けて行っている県の補助金事業には現在、17社がエントリーしていて、県は働きがいのある企業の機運を高めたいとしています。

直近のニュース

全力応援!カープファームチャンネル

広島県警察 公式Facebook