広島ニュースTSS

85歳男を逮捕 60代女性宅に侵入スタンガン使い服脱がせ火傷負わせた疑い 広島県警

6/9(水)  20:19 掲載

自宅で寝ていた60代の女性の家に侵入しスタンガンを押し当て、服を脱がせて抱きつくなどしてけがをさせた疑いで広島市の85歳の男が9日、逮捕されました。男は容疑を否認しています。

住居侵入と準強制わいせつ致傷の疑いで逮捕されたのは、広島市安佐南区上安の無職・有馬昇容疑者(85)です。

警察によりますと、有馬容疑者は今年4月19日午前3時ごろ、広島市安佐南区にある被害女性の住宅に侵入し就寝中だった60代の女性にスタンガンのようなものを押し当てて服を脱がせ、抱き着くなどの暴行を加えてけがをさせた疑いがもたれています。

女性は首に全治3週間の火傷を負っていて、有馬容疑者からスタンガンのようなもので撃たれた際にできた傷とみられています。

事件は、同居する家族の110番通報で発覚しました。

有馬容疑者は「何のことかわからない」と容疑を否認していて、警察は事件の経緯や動機などを詳しく捜査しています。

直近のニュース

全力応援!カープファームチャンネル

広島県警察 公式Facebook