広島ニュースTSS

田中広輔選手「もう1回、強いカープを」FA宣言せず残留を決断

11/30(月)  19:50 掲載

【カープ・田中広輔選手】
「FA宣言せずに残留することに決めました。よろしくお願いします」

今シーズンFA権を取得し、動向が注目されていたカープの田中広輔選手が、30日、記者会見を行いFA権を行使せず、チームに残留することを表明しました。

【カープ・田中広輔選手】
「いろいろ悩みはしましたけどやっぱりカープというチームは好きですし、今まで戦ってきた仲間とまだ野球をやりたいなとそういう気持ちもありましたし、あとはやっぱり選手会長になって悔しいシーズンにもなったので、なんとかもう1回強いカープをという思いもあったのでそういうのが決め手です」

山内さん、田中広輔選手、正式に残留となりました。

【TSS野球解説者・山内泰幸】
「V奪回を狙うカープにとっては大きな戦力が残ってくれた。今シーズンは手術明けのシーズンだったので、打率は2割5分だったが、9月以降の打撃は非常に良かった。膝の具合もだいぶ慣れて良かったのでは。彼の良さは出塁率の高さにある。チャンスを作るという意味では、9月以降は上位に回ると得点力も上がった。来シーズンは最初から上位を打ってもらえるような活躍を期待したい。
また、野球をよく知っているので、相手の嫌がることもできる。そして彼の堅実なプレーは、見ている私たちも安心できる。そういう意味でも期待できる大きな存在」

直近のニュース

全力応援!カープファームチャンネル

地域安全情報 広島県警察公式Facebook