広島ニュースTSS

広島電鉄の路面電車が減便 コロナの影響

11/16(月)  12:03 掲載

新型コロナウイルスの影響で利用客が減った広島電鉄の路面電車が16日から減便や最終便の時刻を繰り上げるダイヤ改正を行いました。

【衣笠アナ】
「午前8時の広島駅です。職場や学校へ向かう人の姿が見られますがその多くの方が利用する広島電鉄の路面電車、きょうから減便されます」

ダイヤ改正の対象は、広島電鉄・路面電車の全路線です。コロナの収束が見通せないことから広島電鉄では、16日から、最終便の運行時間をおおむね30分繰り上げるほか日中や深夜の時間帯を中心に運行間隔を調整する減便を行いました。

【利用者は】
「乗る人がいないんだから間引き運転しょうがないと思うけどね」「コロナ禍になって飲みに出ることも少ないので特に影響はないかなと思っています」

広島電鉄によりますと新型コロナウイルスの影響で路面電車の利用者は大幅に減っていて、午後9時以降の深夜時間帯では、コロナ前に比べ最大56%減っているということです。

直近のニュース

全力応援!カープファームチャンネル

広島県警察 公式Facebook